2020年 10月 27日 (火)

豊かな人生を送りたいなら自分へのご褒美をやめよ!【尾藤克之のオススメ】

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

成功したいなら責任を回避してはいけない!

   責任回避は心理学でいう「認知的不調和」という理論で説明できます。

   認知的不協和とは、人が自身の中で矛盾する事実を突きつけられたときに感じる不快感のことを表します。不快感を抱えているので、人間はそれを解消するために自身の態度行動を変更しようとします。これが「認知的不調和の解消」という行動です。

   ジョンさんは、

「人は誰しも自分が一番かわいいもの。そこで手っ取り早いのが『これは衝動買いではない』と否定に走ることなのです。『自制心のない自分』を『残業を頑張った自分』に置き換えるのです。この買い物は『自分へのご褒美』にすることで、衝動買いの事実を否定できるわけです」

と言います。

「何もしなければ少なくとも失うリスクはない。本当にそうなのでしょうか? 確かに何かをはじめればそれを失うリスクというものは存在します。将来に対する明るい材料が見えない現実。だからこそ何もしない。それで、本当に何にも失わないことになるのでしょうか。仕事(キャリア)面でも、何もしないということは、絶対的に頼っている会社というパイプが途絶えてしまうリスクに無防備に露出されているということを意味するからです」

   ジョンさんは、そう言うのです。

   本書には今回紹介した「自分へのご褒美」のようなわかりやすい事例が紹介されています。事例を踏まえて、毎日実践できるアクションプランを作り上げてみてはいかがでしょうか。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中