2020年 10月 27日 (火)

今度は島忠を子会社化 M&Aで成長するDCMHD【馬医金満のマネー通信】

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   ホームセンター業界第2位のDCMホールディングス(HD)は2020年10月2日、業界7位の島忠を完全子会社化すると発表しました。買収額は最大1636億円。1株あたり4200円で、島忠に対してTOB(株式公開買い付け)を実施します。ホームセンター業界の大型M&A(企業の合併・買収)案件を見てみました。

  • ホームセンター業界ではM&Aが活発
    ホームセンター業界ではM&Aが活発
  • ホームセンター業界ではM&Aが活発

ホームセンター業界は食うか食われるか!

   現状、ホームセンター業界は全体的には微増ですが、中長期的には他業界との競争が厳しくなってくることが予想されます。

   コロナ禍の「巣ごもり需要」で、既存店の売上高が増えていますが、市場規模は20年前から4兆円前後で、ほぼ横バイのまま推移しています。その一方で、ホームセンターの店舗数は増え続けており、店舗あたりの売り上げは下がってきている状態です。

   その中で、各ホームセンターは生き残りをかけた経営改善に力を注いでいます。その手段としてM&Aが用いられているわけです。 たとえば、ホームセンター業界第3位の、「ホームセンター コーナン」のコーナン商事は2019年にプロ用建材資材卸の「建デポ」を、建材・住宅設備機器大手のLIXILから約240億円で買収。20年2月には関東を地盤とするホームセンターで老舗DIYの「ドイト」をドン・キホーテの親会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスから約68億円で事業買収しています。

   一方、今年6月には業界11位のアークランドサカモトが、6位で「ビバホーム」を運営するLIXILビバを約1100億円で買収すると発表。7月21日にTOB(公開買い付け)が完了しています。

   これらの買収は、プライベートブランドの強化につながる見通しとしています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中