2020年 11月 25日 (水)

「コーポレートカラー」は必要です! 自社ブランドを染めあげる「色」ありますか?(入澤有希子)

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   10月になって、オレンジの飾り付けを見ると、ハロウィンらしいなと思います。今年(2020年)の仮装パーティーはオンライン化になるのかもしれませんが、街がその季節らしい彩りで華やかになると楽しい気持ちになりますね。

   10月にオレンジと言えば、ハロウィンを連想するように、色には何かを連想させる力があります。その力を借りて、自社のブランドを上手に広めている例は、たくさんあります。

  • 「緑」にはエコなイメージがある(写真は、東京・恵比寿)
    「緑」にはエコなイメージがある(写真は、東京・恵比寿)
  • 「緑」にはエコなイメージがある(写真は、東京・恵比寿)

オレンジ色の牛丼チェーンといえば......

   オレンジで有名な飲食店といえば、牛丼チェーンの「吉野家」。緑で連想するアプリといえば、「LINE」。黄色と青のインテリアショップといえば、「IKEA」。これらは、多くの人が色から会社を連想できると思います。また、色を連想した時に、ロゴマークも一緒に連想した方も多かったのではないでしょうか。

   このように、企業や団体などの組織を象徴する色を「コーポレートカラー」といいます。コーポレートカラーは、その組織のロゴに使われたり、名刺やホームページに使われたり、その組織らしさを打ち出すために使われます。

   ロゴマーク、コーポレートカラーの他に、その組織のスローガンやコンセプトメッセージなどをまとめて、「コーポレートアイデンティ(CI)」といいます。コーポレートアイデンティティは、大きな会社や組織だけが決めればいいわけではありません。

   きょうから始まる小さなブランドであっても、この考え方を取り入れることで、名刺やホームページの発信の仕方などに統一感が出て、知ってもらう大きな足がかりになるのです。

   コーポレートアイデンティティを考える時に、まずはロゴマークを作り始める例が多いようです。ロゴマークは会社名やブランド名のイメージを印象づけるように、文字デザインやマークを組み合わせて図案化したものです。

   会社名の頭文字を使ったり、扱う商品のイメージを入れたり、会社のコンセプトを表現したりと、さまざまな考え方があります。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中