2020年 11月 25日 (水)

バイデン氏優勢も勝つのはトランプ氏? シンクタンクの米大統領選レポートの分析は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年11月3日に行われる米大統領選は、最新の世論調査によると、民主党のバイデン候補が、現職のトランプ大統領(共和党)との差を広げ、優位を固めている。

   だが前回、4年前の選挙では、民主党のヒラリー・クリントン候補が世論調査で優位とされながらトランプ候補が逆転を演じた例もあり、情勢分析を進めている日本のシンクタンクや金融機関の報告は、結果の予想に慎重だ。

  • 次の主人は……
    次の主人は……
  • 次の主人は……

カギにぎる? 隠れ支持者

   米国の大統領選挙について、米ヤフーニュースと英市場調査会社ユーガブ(YouGov)が2020年10月23~25日に行った世論調査によると、54%がバイデン氏に投票すると答え、トランプ大統領は42%だった。ヤフーニュースによると、この12ポイント差は、4年前にユーガブが選挙の1週間前に行った調査でクリントン候補がトランプ候補につけた差の4倍という。

   バイデン氏は8月に民主党の大統領候補に指名されてから、支持率でトランプ大統領を上回っており、その差は、トランプ大統領のコロナ感染で拡大。バイデン氏の「当確」予想が出そうなものだが、そうはなっていない。

   日本のシンクタンクなどのレポートで指摘されているのは、世論調査に表れないトランプ支持者の存在だ。前回の選挙でトランプ氏逆転当選をめぐり大きな役割を果たしたとされる。

   大和総研が2020年10月22日付で公表した「米大統領選早わかり」と題するレポートでは、「隠れトランプ信者」と呼び「トランプ氏の劣勢が著しい中でも、その再選可能性を想定する要因」の一つとしている。隠れトランプ信者は前回の選挙ではトランプ氏支持と回答せず、実際にはトランプ氏に投票し逆転劇を演出した。

   ただ、トランプ氏に対するリードが、前回のクリントン氏よりバイデン氏のほうが非常に大きいことなどから「隠れトランプ信者」の力は、今回は発揮し切れない可能性を指摘している。

   NHKはウェブサイトに設けている「アメリカ大統領選挙2020」で10月17日に「『トランプ劣勢』? 世論調査は信用できるのか」という特集記事を公開。この中で、取材を受けた米世論調査会社の主任調査員が「隠れトランプ支持者」の存在を指摘している。主任調査員によると、「隠れトランプ支持者」はトランプ氏の振る舞いに対する批判から支持していても、それを表明するのがはばかられ、結果的に隠れ支持者になってしまった。トランプ大統領になってからは社会の分断が進み、トランプ支持をさらに言いにくい環境になっており、隠れ支持者は増えているのではないかという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中