2020年 11月 27日 (金)

ディスプレイとしても楽しめる洋書を! 100年以上続く老舗書店の挑戦【Vol.19 北沢書店】

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   靖国通りに面する北澤ビルの2階にある神保町有数の老舗、北沢書店。1階のブックハウスカフェ(「イベントいっぱい! 子どもの声が響き、大人がほほ笑む『児童書』の専門店 Vol.1『ブックハウスカフェ』」2019年10月23日付)から、カーブを描く階段(現在は感染症対策のため封鎖)をのぼり店内に入ると、北沢書店の紡いできた歴史を思わせるような重厚感に満ちている。

   背の高い本棚には皮張りの洋書がずらっと並び、細部までこだわりを感じる店内はまるで映画の中のようだ。北沢書店の3代目である北澤一郎さんにお話をうかがった。

kaisha_20201023165727.jpg
北澤一郎さんは3代目の店主
北澤一郎さんは3代目の店主

創業117年の北沢書店もインターネットの台頭で苦戦

   北沢書店の創立は、1902(明治35)年。店主、北澤一郎さんの祖父の代で書店を始め、大学で英文科の助教授を務めていた父の代から英米文学を、主に扱うようになった。学生時代から仕事を手伝い、卒業後に入社。先代のもとで新刊本を担当しながら古書についても学んだ。

   その後先代が亡くなり、数年後の37歳で社長に就任。「父から学んだ数年間は貴重な時間でした」と振り返る。

   宅配便やインターネットの登場、大きく変化する時代の波を度々感じながら、今はアパレルの職歴を持つお嬢さんが跡を継ぎ、家族でその歴史を紡ぎ続けている。

書斎のような店内奥のスペースでは希少本を取り扱う
書斎のような店内奥のスペースでは希少本を取り扱う

   英国の田舎町の書店を巡り、現地に赴いて珍しい本を探していた時期もあるという。当時は珍しかった日本人の買い付けに、現地の店主さんを驚かせたそうだ。

   そうした努力を重ねて築いた北沢書店のブランド的価値を大きく揺るがしたのは、インターネットの台頭だった。国内外に関係なく、誰でも簡単に本や価格を見比べられるネット売買では、これまでのような足で稼ぐ方法は通用しないと悟り、一郎さんは大きなショックを受けた。

「私の人生でも1番の挫折でした。なにもやる気が起きなくなってしまい、店を閉めることも考えました」

と振り返る。

   しかし、続けてほしいという多くの声もあって、2005年の改築時には新刊書1階の新刊売場部分をテナント(現在「ブックハウスカフェ」が入居)とし、規模を縮小して古書販売を続けることを決意した。

なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中