2020年 11月 26日 (木)

知ってる? 世界ビタミンDデー コロナ禍で外出自粛「人体の日照不足」で起こること

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   11月2日は「世界ビタミンDデー」。北米では、11月から3月の日照不足がビタミンDの欠乏をもたらすことから、11月にビタミンDの摂取を促すための啓発デーが設けられた。

   日本も同様に、日照不足に伴うビタミンDの欠乏が懸念されるが、今年は特に新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響で、日光に浴びずに過ごすことが多かった。

   こうしたことから、日本のビタミンDブームの火付け役で、米国の薬剤師が20年以上にわたって推奨する(注)ナンバー1サプリメント「ネイチャーメイド」を製造、販売する大塚製薬の現地法人、ファーマバイト社が、ビタミンDが生成できない懸念があると警鐘を鳴らしている。

  • 11月2日は「世界ビタミンDデー」不足分はサプリメントで……(写真はイメージ)
    11月2日は「世界ビタミンDデー」不足分はサプリメントで……(写真はイメージ)
  • 11月2日は「世界ビタミンDデー」不足分はサプリメントで……(写真はイメージ)

「ビタミンD」は日本人に不足ぎみな栄養素

   ビタミンDは、水に溶けにくいビタミンのひとつ。人体へは食事からの摂取だけでなく、日光の下で、皮膚で産生することができるという特徴を持っている。

   強い骨の形成と維持に必要なカルシウムとリンの体内吸収を促進して丈夫な骨を作る働きがあり、ビタミンDが欠乏すると、骨に悪影響を及ぼすリスクが高まる。また近年の研究では、ビタミンDが日々の健康リスク管理に重要な働きをしていることが明らかになっているそうだ。

   そんなビタミンDの摂取量だが、日本人は不足ぎみらしい。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、18歳以上の男女では、一日5.5マイクログラムの摂取が必要との指針が示されている。

   また、「日本骨粗鬆(しょう)症学会」による骨粗しょう症の予防と治療ガイドラインの推奨摂取量は一日10~20マイクログラム。さらに、国際骨粗鬆症財団(IOF)の推奨では一日20マイクログラムで、これらが一日に必要なビタミンDの摂取量の目安となっている。

   ところが、日本人のビタミンDの摂取の現状は、20歳以上の摂取量(平均)は1日7.8マイクログラム(男性が1日8.2マイクログラム、女性が7.5マイクログラム。2016年度国民健康・栄養調査)で、国内外の指標と比べて、日本人の摂取量は不足しているとみられる。このような実実情もあり、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、目安量が5.5マイクログラムから8.5マイクログラムに引き上げられた。

   国内でビタミンDを補うことができるサプリメントの「ネイチャーメイド」を製造、販売する大塚製薬のニュートラシューティカルズ事業部・ネイチャーメイド担当の菊田信哉氏は、「世界ビタミンDデー」をきっかけに、ビタミンDの大切さを知ってほしいと話している。

「ビタミンDは日本人の全世代で不足、あるいは欠乏している可能性がある栄養素のため、今年はビタミンDの摂取目安量が引き上げられています。健康意識が高まる今、ビタミンDの重要性を理解し、意識して摂っていただきたいと思います」

(注)2020 U.S. News & World Report - Pharmacy Times Survey

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中