2021年 5月 8日 (土)

「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は? 特許庁、経産省、環境省、裁判所... 意外な理由はこれだ!(1)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

経産省は、上司と部下の垣根が低くフラットにモノが言える

経済産業省の「変革へ挑戦」を訴える募集案内(同省公式サイトより)
経済産業省の「変革へ挑戦」を訴える募集案内(同省公式サイトより)

   2位の経済産業省も、上司と部下の垣根を越えて提案でき、比較的フラットな官僚組織らしからぬ風土であることがうかがえる。こんな案配だ。

「風通しがよい。モチベーションの高い人が集まっている。どんなことにも挑戦しようとする空気が醸成されている。自由闊達な雰囲気。上司との距離感も近く、言いたいことはどんどん発信できる。また上司も話を聞いて、『まずはやってみなさい』といった雰囲気がある」(事務、男性)
「官僚機構の組織体制が存在して、トップダウンである面も多々あるが、ほかの省庁に比べると、ボトムアップで若手からの提案を受け入れる土壌がある。組織文化として、特に上層部にはワーカーホリック(仕事中毒)で仕事が好きな人が多いが、若手を中心に変わりつつある」(係長、女性)
「上司部下にとらわれず、お互いに意見が言いやすい。アンテナを高くはり、様々な情報や人脈に接すること、マネジメント能力の高さが求められている」(通商政策局、女性)
「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」
「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中