2021年 5月 18日 (火)

「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は? 特許庁、経産省、環境省、裁判所... 意外な理由はこれだ!(2)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

裁判所は、裁判官・書記官・調査官・事務官のチーム力で裁く

   4位の裁判所は、裁判官と、裁判官を支える書記官、調査官、事務官が勤務する。もともと残業が少なく、休暇が取りやすいなどワーク・ライフ・バランスに優れた職場だが、1つの事案の裁判を行ううえで、裁判官以下それぞれの役職がチームとなって協働し、助け合う仕組みだ。だから、1位の特許庁の審査官同様、専門職としてお互いを尊重する文化が根付いているようだ。

   こんな評価の声があった。

「司法機関として、国家公務員として、それぞれ職員は、程度の差はあれど自分の仕事に責任と誇りを持って取り組んでいる。裁判所の仕事は、表に見える裁判事務と、『裏方』としての司法行政事務とに大きく分かれている。どちらもトップには裁判官がいて、絶対的な存在だが、一般職である書記官や事務官、家裁調査官の意見にも耳を傾けるし、風通しはよい。チームとして仕事をしようという意識が近年非常に高まっており、それぞれの専門性を生かしてチームで仕事をしている」(家庭裁判所調査官、女性)
「当然ですが、非常に法令遵守意識が高いです。ミスがあってはならない業務も多々ありますが、ミスが起きにくい仕組みが作られています。非常にアナログな風土があり、効率が悪いと感じることもありますが、近年IT化が進むと推測されます。また助け合いの風土もあり、当事者対応で困ったり手続の根拠が分からなかったりした場合でも協力して解決していくことが多いです」(事務官、男性)
「職員同士は風通しよく、仕事のことを相談しやすい環境です。事件部では基本的に裁判官が上にいますが、裁判官も話しやすい人が大半で、体育会系的な序列を感じることはありません」(書記官、女性)
「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」
「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中