2020年 11月 26日 (木)

マジか? 韓国有力紙が「安倍前首相、3度目の登板も」と報道 いくら「安倍ロス」だからといって...【日韓経済戦争】

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   ひょっとして、格好の「敵役」だった安倍晋三前首相の退陣で、「安倍ロス」が広がっているせいだろうか。韓国の有力紙が「安倍氏、3度目の登板か?」と報じている。

   最近、安倍前首相の血色がすっかりよくなり、「右翼的な政治活動」を再開。周囲には保守色が薄くなった菅義偉政権に取って代わらせる動きが進行中というのだ。「マジか?」と思いたくなるが...。韓国紙で読み解くと――。

  • 「3度目登板説」が浮上している安倍晋三前首相
    「3度目登板説」が浮上している安倍晋三前首相
  • 「3度目登板説」が浮上している安倍晋三前首相

安倍氏の悲願の憲法改正にソッポを向く菅首相への反感?

   このトンデモ報道をしたのは、朝鮮日報だ。韓国では最大の発行部数を誇る保守系の有力紙。歴史と伝統のある新聞である。「安倍氏、3度目の登板も? 持病回復... 右翼の集まり主宰し政治的言動」(11月3日付)という見出しで、こう報じたのだった。

「安倍晋三前首相が11月1日、首相辞任後初めて選挙区の山口県に行き、父・安倍晋太郎元外相の墓参りをした。安倍氏は墓参り後、記者団に『憲法論議こそ国会議員が自身の見識を示す機会』と述べ、野党側に改憲論議に出るよう促した。安倍氏は在任中、改憲を推進してきたが、実現できなかったことを心残りとしている。安倍氏は先月(10月)、自身が会長を務める保守系議員グループ『創生日本』の集まりを主宰した。また、右翼性向を持つ『日本の尊厳と国益を護る会』にも出席するなど、ほぼ毎日ニュースになっている」
安倍前首相の「3度目登板説」を報じる朝鮮日報(2020年11月3日付)
安倍前首相の「3度目登板説」を報じる朝鮮日報(2020年11月3日付)

   こうしたなか、中央日報が注目したのが読売新聞(電子版)の11月2日付の「安倍前首相そろり再始動 体調戻ってきた」という見出しの記事だ。記事では「安倍前首相が政治活動をそろりと再始動させている。まずは外国首脳とのパイプを生かして菅首相をサポートするとともに、自身に近い議員らで作る保守系グループを拠点に発信を強めていく」と書いている。

   また、「(『創生日本』や『日本の尊厳と国益を護る会』など)いずれのグループも菅首相になり、政権から保守色が薄れているとして、安倍氏を前面に出して存在感を示したいとの思いがあるようだ」とも書いているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中