2021年 9月 21日 (火)

先祖を敬うことの意味とは? 「一流」と言われる人の共通点【尾藤克之のオススメ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

先祖供養が必要なワケ

   先祖供養には、亡くなった先祖たちが安らかに眠れるようにお参りすることですが、仏教では先祖供養によって徳が返ってくるとされています。仏教には「因果応報」という教えがありますが、先祖が作った因縁も子孫の人生に影響を与えるとされているのです。

   最近は少子化による檀家の減少、墓じまいによるお墓の撤去や改葬は当たり前のように起こっています。今後この動きは加速していくといわれていますが、心の拠り所として、お墓のありかたや先祖を敬う気持ちをもつことは大切です。

   一条さんは一流の条件を「先祖」、あるいは「先祖を大切にすること」に求めています。先祖への気持ちを新たにし、手を合わせてみるということ。そこには、人として成長するためのヒントが隠されているのです。いま一度、先祖に心を寄せてみると、新たな気づきがあるかも知れません。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中