2020年 11月 26日 (木)

自動運転レベル3で世界初 ホンダ「レジェンド」年度内に発売

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   本田技研工業(ホンダ)は、国土交通省から自動運転の「レベル3」の型式指定を受けた「Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)」を搭載した「レジェンド」を、2020年度内に発売する予定であることを2020年11月11日に発表した。

   国土交通省によると、自動運転のレベル3の指定は世界初という。

  • ホンダ「レジェンド」(ホンダのウェブサイトから)
    ホンダ「レジェンド」(ホンダのウェブサイトから)
  • ホンダ「レジェンド」(ホンダのウェブサイトから)

   「自動運転のレベル分け」は、レベル1~5の5段階。レベル1、2は「ドライバーよる監視」が必要で、3以上は「システムによる監視」が欠かせない。

   今回レジェンドが指定を受けた「レベル3」は「条件付き自動運転」。ちなみに、4は「特定条件下における完全自動運転」、5は「完全自動運転」のレベルを示す。

   国交省はまず、レベル3の市場化に向け、道路運送車両法の一部を改正し、2020年4月1日から改正法を施行。改正法でレベル3の実用化に必要な自動運行装置が保安基準の対象装置として新たに加えられた。

   国交省はまた2020年6月、レベル3の自動運転装置について、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)の会合で、日本で4月施行された「条件付き自動運転」の基準が、国際基準として成立したと発表した。

   レジェンドの自動運転装置は、前方やドライバーをモニターするカメラのほか、前後と側面にレーダーを搭載。全球測位衛星システム(GNSS)で位置を確認する。高速道路で渋滞時に車線内を維持して前方の車を追随して走行できるが、高速道路以外ではドライバーが運転する必要がある。

   自動運転をめぐってはこれまで、日産自動車がレベル2に準拠する「プロパイロット2.0」を開発。ハンドルから手を離しても作動が続くハンズフリータイプが実用化されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中