2020年 11月 24日 (火)

伝説の投資家ジム・ロジャーズ「2021年オリンピック開催すべし」 危機をチャンスにする教え

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ジム・ロジャーズ氏は、株式だけではなく商品や通貨などまで幅広く投資の対象にし、先物取引やオプション取引でも名を成した伝説の投資家だ。投資する中で、ロジャーズ氏は徹底した調査を常としてきた。

   投資活動を通して得た教訓は「危機は好機である」。それは歴史を見れば明らかという。現在はまさに、新型コロナウイルスが危機中の危機だ。コロナ禍、コロナ後をどう過ごすべきなのか――。自らの教訓をもとに、ロジャーズ氏がその考えを述べたのが、本書「ジム・ロジャーズ お金の新常識 ― コロナ恐慌を生き抜く」だ。

「ジム・ロジャーズ お金の新常識―コロナ恐慌を生き抜く」(ジム・ロジャーズ著)朝日新聞出版
  • オリンピック開催見送りとなれば競技場も「多額の損失」に
    オリンピック開催見送りとなれば競技場も「多額の損失」に
  • オリンピック開催見送りとなれば競技場も「多額の損失」に

2020年の「危機」を予言

   リーマン・ショックを予測し、2019年に「2020年に未曾有の危機」と予言したロジャーズ氏。ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏と並び「世界3大投資家」と称される。もともと発言や行動が注目される存在だが、2019年の予言では「いったい何が?」と、さらに高い注目を集めていた。

   本書は、週刊朝日に連載した「世界三大投資家ジム・ロジャーズがズバリ予言2020年、お金と世界はこう動く」のうち、2020年1月17日号から9月11日号の掲載分を再構成して、大幅に加筆・修正した。連載は2019年12月から2020年8月に、6回にわたって行ったインタビューに基づいたものだ。

   世界を襲ったコロナ禍だが、ロジャーズ氏は、日本特有の問題の一つとして東京オリンピック・パラリンピックを、まずテーマに取り上げた。大会は1年延期され2021年夏に開催されることになったが、20年夏に感染が再び拡大して延期開催についても心配する声が強まっている。

   開催しても観客が集まるかわからない、各国で代表選考会が開けない、代表が決まっても日本に来られるかはわからない......。クリアしておかなければならない問題が山とある。

   「だが」とロジャーズ氏。「私が日本のリーダーなら東京オリンピックを予定どおり開催するだろう」という。それは、歴史が開催すべきことを教えているからだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中