2021年 6月 18日 (金)

ユニクロ「ジル・サンダー」に韓国の若者も殺到! 韓国紙が嘆き節「不買運動なんてホントにあったの?」 【日韓経済戦争】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

韓国紙が絶賛するユニクロ「難民救済」の狙い

文在寅大統領はいつまで「反日」を貫くのか
文在寅大統領はいつまで「反日」を貫くのか

   ところで朝鮮日報は、別の観点からもユニクロに対して韓国企業にはない「先見性」があると高い評価を与えている。それは「難民救済活動」を行っていることだ。朝鮮日報(11月15日付)の「コラム:イケアとユニクロが難民支援に積極的な理由」という記事で、同紙のイ・ヨンソン国際部長が述べている。

   まず、韓国では2019年の難民認定率が0.4%で、経済協力開発機構(OECD)平均の24.8%に遠く及ばず、難民問題に対する関心が非常に低いとしたうえで、こう続ける。

「長い目で見ると、難民救済には期待できる実益がある。アインシュタイン、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ、ショパンなど人類の文明に多大な貢献をした天才たちは難民家庭出身者が少なくない。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に務めていたダーク・ヘベカー氏は、記者に『(難民が多く発生する)シリア、中央アフリカ、マリに平和が来たら、住民は冷蔵庫やテレビ、家具に至るまですべてを新調する。韓国企業が今、これらの国々の難民を人道的な見地から支援すれば、彼らも韓国企業の恩を忘れないだろう』と言った」

というわけだ。

   ヘベカー氏はまた、「情報技術(IT)分野で強みを持つ韓国企業が技術支援を通じて難民たちの教育を手助けすれば、関連企業のイメージアップに役立つ」とも言った。高いレベルの教育を受けた人々が増えれば内戦後の復興が早まり、韓国企業にとってもビジネスチャンスが増える。そして、イ・ヨンソン記者はイケアとユニクロの例を挙げるのだ。

「グローバル企業の中には難民支援をCSR(企業の社会的責任)活動として行う企業が多いのは同様の理由からだ。スウェーデンの『家具界の恐竜』イケアはキャンペーン『難民に明るい人生を(Ikea's Brighter Lives for Refugees)』を展開、約32億円を集めた。さらにイケアは、ヨーロッパ最大の通信会社ボーダフォンや、デンマークの玩具メーカー・レゴなどと共に難民の自給自足を支援する職業訓練費用として約28億円近い支援を約束している」
「日本では、ユニクロが毎年3万着の衣類を世界中の難民キャンプに送るなど難民支援に積極的だ。マイクロソフト(MS)、ソニー、米国の宅配便会社UPSなどもUNHCRと長期的な協力関係を構築している」

   企業にとって、難民支援にはどんなメリットがあるのか。

   「難民発生が頻繁なアフリカ大陸の未来市場としての魅力がいっそう膨らむ。米ワシントン大の研究チームの報告書では、2100年にはナイジェリアが中国を抜き、インドに次ぐ世界第2位の人口大国に浮上する。ナイジェリアは石油埋蔵量が世界10位の資源大国だ。55の加盟国を抱えるアフリカ連合(AU)は昨年、アフリカ大陸自由貿易協定(AfCFTA)を発効させた。単一の貿易協定としては世界最大規模だ。戦争と飢饉で苦しむ国々にも平和は必ず訪れる。そうなれば、人々は苦しかった時代に助けてくれた人々のことを忘れないだろう。実益がなければ誰かを助けないというのは望ましい姿ではないが、そうした理由からでも、助けないよりは助けたほうがいいということだ」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中