2020年 11月 24日 (火)

パスワード不要で「認証維新」を実現 生体認証のISRがユーザーの「覚えていられない」ストレスを解消

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   生体認証を組み込んだ法人向けクラウド認証サービスを開発、提供している株式会社インターナショナルシステムリサーチ(ISR、東京都中野区)は、コロナ禍で広まったテレワークでインターネット・セキュリティへの懸念が高まっていることに対応し、パスワードを使わない、「パスワードレス認証」の拡大に取り組むと、2020年11月17日に発表した。

   日本では、パスワードの脆弱性が取りざたされてる。生体認証との組み合わせた認証サービスを提供することで、ユーザーが抱えるパスワードに対するストレスを解消する。

  • ホワイトボードを使ってCloudGate UNOの仕組みを詳しく説明するメンデス社長
    ホワイトボードを使ってCloudGate UNOの仕組みを詳しく説明するメンデス社長
  • ホワイトボードを使ってCloudGate UNOの仕組みを詳しく説明するメンデス社長

企業のクラウドサービスの利用増に柔軟対応

   ISRの法人向けクラウド認証サービス「CloudGate UNO(クラウドゲートウノ)」は、従業員のクラウドサービス利用に際して、企業がIPアドレスの制限や時間別・国別のアクセス制限などのセキュリティポリシーに合わせて、柔軟にアクセスコントロールできる。

   シングルサインオン(SSO。一つのIDと認証要素を入力して、複数のWebサービスやアプリケーションにログインする仕組み)を同時に実現でき、近年では企業でクラウドサービスの利用が多くなるにつれ、CloudGate UNOの導入も増え、約1600社、約80万人のユーザーを有する。

   CloudGate UNOは、生体認証技術FIDO2(ファイド、Fast Identity Online)に対応しており、パソコンのほかスマートフォン、タブレット端末でも使えるなど汎用性が高い仕様。上位の認証プランでは、指紋認証(Touch ID)や顔認証(Face ID)を利用したパスワードレス認証を提供している。認証の組み合わせも可能という。

   指紋や顔による認証をめぐっては、米アップルのiOSが9月にリリースした最新の「iOS14」でTouch IDやFace IDがFIDO2に対応。これによりアップルのmacOS、Android(Google)、Windows(Microsoft)の、主要OSでFIDO2が使えるようになった。

   ISRではこの機会をとらえ、2020年12月21日から契約プランに関係なく、すべてのCloudGate UNOユーザーがパスワードレス認証を利用できるよう、現ユーザーを含め全プランでパスワードレス認証を標準提供する計画だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中