2021年 1月 23日 (土)

体外受精で未婚の母になった日本人女性タレント 韓国中が感激するってなぜ? 【日韓経済戦争】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日韓関係が冷え込んでいるなか、韓国で活動している日本人女性タレントの「熱い勇気」が、韓国社会に温かな感動を与えている。

   女性タレントが、未婚のまま国外で体外受精をして出産したことを公表。儒教の「重荷」から、未婚での体外受精が難しい韓国の制度に風穴を開けたと話題になっているのだ。

   政権与党の共に民主党の女性幹部も、「韓国が開かれた社会になるよう貢献した」と称賛の声明まで発表する騒ぎになっている。

  • KBS放送のサユリさんインタビューを報じるエンタメコリア(2020年11月17日付)
    KBS放送のサユリさんインタビューを報じるエンタメコリア(2020年11月17日付)
  • KBS放送のサユリさんインタビューを報じるエンタメコリア(2020年11月17日付)

韓国で「サユリ」という芸名で活動する藤田小百合さん

   この女性は、韓国で「サユリ」という芸名で活動する藤田小百合さん(41)だ。2004年に米国に留学したサユリさんは、韓国人留学生と仲良くなり、韓国の音楽や料理に親しみを覚えるようになったことをきっかけに韓国語を勉強。2006年から、韓国に留学した。

   そのうち韓国放送公社(KBS)の番組「美女たちのおしゃべり」のレギュラー出演者に抜擢された。外国人女性が韓国での生活を語り合うトーク番組で、サユリさんは日本代表として歯に衣着せぬ物言いで人気を集めた。

   やがて、バラエティーやドラマにも出演するように。自身のSNSでは筋トレで鍛え上げた40代とは思えぬナイスバディを披露するなど、「サユリ人気」が上昇した。そんな最中の2020年11月上旬、突然SNSで「体外受精で男の子を出産した」と発表。韓国中を驚かせたのだった。

   その模様を韓国の芸能メディア「エンタメコリア」(11月17日付)「タレントのサユリが結婚せず母親に... 日本で精子の寄贈を受け男児出産」が、こう伝える。

「未婚のタレントのサユリ(藤田小百合、41)さんが11月16日、メディアを通して、日本で匿名男性の精子の寄贈を受け、男の子を出産したことを明かした。結婚していない状態で『自発的非婚母』になったのだ。サユリさんは今月4日午前、日本で体重3200グラムの元気な男児を出産した。KBS放送が16日に報じた」

   KBS放送のインタビューによると、サユリさんは、韓国の産婦人科で診療を受けた当時、卵巣の年齢は48歳相当だと言われてショックを受けたという。

「自然妊娠は難しい上、すぐに体外受精をしても成功の確率は高くない、と医師に言われて目の前が真っ暗になり、死にたいという思いも抱いた。しかし、出産だけのために急いで結婚する相手を探すのも、愛してもいない人と結婚するのは正しくないと考えた。悩んだ末、結婚せずに人工授精によって『母親』になると決めた。韓国では、未婚女性が精子提供を受けて出産するのは違法だから、国外で精子提供を受けた」

と語ったのだった。

   ネットユーザーたちからは、サユリさんのインスタグラムに「出産おめでとうございます」「勇気がすごくかっこよかった」などのコメントが殺到した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中