2021年 11月 30日 (火)

コロナ禍の冬ボーナス、支給予定企業の5割が「前年並み」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   冬季賞与を減額する企業が増えるなかでも、ほぼ半数の企業が前年と同額の支給を予定していることが、人材サービスのエン・ジャパン(東京都新宿区)の調査でわかった。2020年11月26日の発表。

   コロナ禍に見舞われた2020年だが、同社の調べによると、冬季賞与は66%が「支給予定」と回答した。

  • 冬季賞与、企業の66%が「支給予定」
    冬季賞与、企業の66%が「支給予定」
  • 冬季賞与、企業の66%が「支給予定」

マスコミ・広告はトホホ 35%の企業しか...

   冬季賞与の支給状況を業界別にみると、メーカーの89%が支給予定と回答。商社(79%)や不動産・建設(75%)、流通・小売り(71%)と続く。その半面、「マスコミ・広告」(35%)や「サービス」(49%)、「IT・通信・インターネット」(61%)では、全体を下回った=下図参照

全体の66%の企業が冬季賞与を「支支給する」と回答
全体の66%の企業が冬季賞与を「支支給する」と回答

   冬季賞与を支給する予定の企業に、前年からの支給額の増減を聞くと、48%が「変わらない予定」と回答。2019年の調査から1ポイント低下した。「増額予定」が12%で、8ポイント低下。「減額予定」は21%で、こちらは15ポイント増えた。

   企業に、コロナ禍での賞与支給への「悩みや課題」と聞いたところ、回答のトップ3は「業績不振など、原資確保の悩み」(37%)、「賞与の支給額による社員モチベーションへの影響」(29%)、「社員への評価・賞与の査定基準への悩み」(27%)だった。

   エン・ジャパンによると、「2019年よりも、原資確保に悩む企業が増えたことがわかる結果になった」という。

   また、2019年と比べて「景気の下降や低迷を実感しているか」との問いには、78%が「感じる」(非常に感じる=46%、どちらかというと感じる=32%)と回答。冬季賞与で「減額予定」の企業に限ると、この割合は96%(非常に感じる=67%、どちらかというと感じる=29%)だった。

   なお調査は、エン・ジャパンの求人支援サービス「engage(エンゲージ)」のウェブサイトで10月26日から1か月間、利用企業を対象に実施。1263社から回答を得てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中