2021年 1月 21日 (木)

非正規の40代女性が公務員試験に合格!「務まるか...」そんな迷いに「大丈夫。頑張って!」と多くの女性がエール(1)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   これまで夫の転勤に同伴し、ずうっと非正規で働いてきた女性が40代後半になって公務員試験に合格した。

   「やりがいもありそう」「ボーナスももらえる」という喜びにひたりながら、「この年で務まるのか」「勤務時間もきつくなり体力が続くのか」と不安になり、引き受けるべきか悩んでいる。

   そんな女性の投稿に、「大丈夫!まずは公務員、始めてみては?」と多くの女性がエールを送っている。専門家に聞いた。

  • 公務員になる(写真はイメージ)
    公務員になる(写真はイメージ)
  • 公務員になる(写真はイメージ)

「一度ももらったことのない賞与への憧れ」

   話題になっているのは、女性向けサイト「発言小町」(2020年10月31日付)に掲載された「40代で公務員試験に合格しましたが」というタイトルの投稿。こう綴っている。

「40代後半、子なし既婚女です。この度、ある専門職の公務員試験に合格しました。しかしこの機会を受けるか否か迷っております。理由は=勤務時間が長い・気力・体力的に続けられるか自信がない/それでも代えがたいやり甲斐があることも確か・公務員なので安定した収入が得られる」

   投稿者はいわゆるロスジェネ世代で、夫の転勤に帯同していたため、合格した専門職と同じ仕事を非正規で続けてきた。難関試験を一発で合格できたのは運がよかったと思っている。公務員という安定の職に就き、一度ももらったことのない「賞与」への憧れもある。老後の生活のことも考えて、いい話とも思う。しかし、こう続けるのだった。

「これまで非正規でも続けてきた経験の強みを生かせるし、人の役に立てているという感じがあります。でも、それは非正規の立場、環境だからそう思えているかもしれない。夫は私の好きなようにしたらいいとは言うものの、就業後の私の心身の健康を懸念している様子。こんな状況でどうしたらよいのか悩んでおります」

   この投稿には、現職の公務員や公務員経験者から、多くの励ましのエールが寄せられた。

「私も元公務員。おめでとうございます。こんなお悩みは、お仕事を始められてから考えたらどうですか? まずは公務員のお仕事をやってみる。それで無理なら辞めればいいだけ。初年度は研修とか結構ハードだと思うので、1年なんてあっという間。とりあえずは3年頑張ってみて」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中