2021年 4月 12日 (月)

携帯電話料金値下げ戦争「冬の陣」はドコモ圧勝か?「5G」新料金のKDDIにネットは総スカン(2)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   NTTドコモが2020年12月3日に発表した大幅な携帯電話料金値下げプラン「ahamo」(アハモ)が業界内に激震を走らせている。

   9日、KDDI(au)とソフトバンクが主力ブランドから格安ブランドへの移行に伴う手数料を無料にすると発表。料金値下げへの「圧力」を強める菅義偉政権と、NTTドコモの挟み撃ちに屈した形だ。

   また同日、KDDI(au)が満を持して発表した第5世代移動通信システム「5G」の新料金プランが、インターネット上で「期待外れ」「自爆か」と総スカンをくう事態となり、携帯料金値下げ戦争「冬の陣」が大混乱になっている。

  • 携帯料金値下げを政策の目玉にした菅義偉首相
    携帯料金値下げを政策の目玉にした菅義偉首相
  • 携帯料金値下げを政策の目玉にした菅義偉首相

KDDI 「5G」新プランは「わかりにくい」「期待外れ」

   こんななか、KDDI(au)は12月9日、高速移動通信方式「5G」の新プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」を発表した。データ使い放題、「Amazonプライム」と「TELASA」(編集部注:KDDIとテレビ朝日の合弁で設立された映画やドラマ、アニメなど映像作品を提供する動画配信サービス)の利用料金込みで、各種の割引を組み合わせると月額3760円で利用できる。また、22歳以下を対象にデータ使い放題プランが月額900円から利用可能になる「auワイド学割」のサービス拡大も発表した。

   しかし、ネット上では「期待はずれ」「わかりにくい」など猛批判の声があがっている。

KDDIの新料金プラン「データMAX5G with Amazonプライム」(発表資料より)
KDDIの新料金プラン「データMAX5G with Amazonプライム」(発表資料より)

   ヤフーニュース「みんなの意見」の、KDDI(au)の新料金プラン発表を踏まえたうえで「携帯会社どこがいい?」というアンケート調査では、投票総数3万9217票(12月10日13時30分現在)で、1位「NTTドコモ」(76.4%)、2位「楽天モバイル」(7.8%)、3位「ソフトバンク、Y!mobile」(6.0%)、4位「au、UQ mobile」(5.7%)、5位「その他」(4.0%)という結果になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中