2021年 1月 19日 (火)

コロナ不況で突然の週休3日 あなたなら、どう過ごしますか?【ひろ子ママの教訓 その33】

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   きょうは、40代後半のSさんです。お仕事、なんだか大変そうですね。

「今、会社がコロナ不況のため、週休3日を検討しているんです。リストラをしない、人員削減をしないように、会社がとった方針ですが、このまま今の会社に居続けることに対して不安を感じます。私の会社は週休3日になったことで、その分の給与が削減されるのですが......。それで会社が持ち直してくれればいいのですがね」
  • コロナ不況で週休3日、これってリストラかも……
    コロナ不況で週休3日、これってリストラかも……
  • コロナ不況で週休3日、これってリストラかも……

週休3日制で給与が減るのはふつう?

   コロナ不況で大企業が週休3日、週休4日、休業制度などさまざまな方針を打ち出しています。なかには週休3日制で、1日8時間勤務×5日=40時間を、1日10時間勤務×4日=40時間として勤務時間を同じにして給与体系を変えない企業もありますが、一般的に勤務時間が減るのであれば、給与が減ると考えるのがふつうでしょう。それでもいきなり、リストラや早期退職を言われるより、いいかもしれません。

   とはいえ、収入が減ることで生活費、住宅ローンなどの支払いにも影響が出ることもあるでしょう。無責任なふうに聞こえるかもしれませんが、ここからは考え方で差が出ると思います。

   週休3日制を会社のリストラのための準備だと捉える方がいるかもしれませんが、そうではなく、働き方の選択肢を考える機会ができたと考えてみてはいかがでしょうか。

   これまでも「いつかは将来のことを考えないといけない」と思っていても、日々の生活の忙しさにかまけて、考えることを後回しにしてきた方が多いと思います。実際、私もそうですけどね。

   今回のコロナ禍は、強制的に考える時間を作ってくれた。そんな存在なのかもしれません。たとえば、コロナ禍で国の制度を使って休業補償が出ている会社に勤める人は、考え方が大きく2パターンに分かれたようです。

(1)給与はもらえるため、単純に休みが増えることを喜ぶパターン
(2)休み中に、次に備えて準備をするパターン

   同じ時間を休むとしても、過ごし方によって大きく差が出ます。日曜の夜「サザエさん」を見ながら「明日会社に行きたくないな」と一度は思ったことがあると思いますが、そんな理想の日が急にやってきて「来週から週3日制度にします」と言われたら、Sさんはどうですか? 困りませんか。やはり人間は準備ができていないと、うろたえるものです。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中