2021年 12月 5日 (日)

「ミロ」売れすぎで販売休止 コロナ禍に関係? ネスレ日本にそのワケを聞いた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   牛乳や水に溶かして飲む麦芽飲料「ミロ」を提供しているネスレ日本が、2020年12月8日、同製品の販売休止を発表した。

   健康ブームで出荷が追いつかず、2021年3月まで販売を休止する。コロナ禍と関係しているのか? ネスレ日本の広報担当者に聞いた。

  • カルシウムや鉄分が豊富に含まれている麦芽飲料「ミロ」
    カルシウムや鉄分が豊富に含まれている麦芽飲料「ミロ」
  • カルシウムや鉄分が豊富に含まれている麦芽飲料「ミロ」

牛乳や水に溶かして飲む麦芽飲料 前年比約7倍に

   「ミロ」といえば、牛乳や水に溶かして飲む麦芽飲料。現代人不足しがちな鉄分、吸収されにくいカルシウムの吸収を助けるビタミンDなど2種のミネラルと6種の栄養素を豊富に含んでおり、子どもの頃に飲んだことがあるという人も多いだろう。味は甘く、ココアのような風味だ。

   その「ミロ」が現在、販売休止となっている。新型コロナウイルスの感染が広がるなか、コロナとの関係があるのだろうか?

   ネスレ日本の広報担当者によると、コロナとの関係には言及しなかったものの、一般的な社会背景や傾向としてとしたうえで、

「健康意識や健康志向の高まりにより、今まで以上にご自身や家族の健康に関して気を付けるようになったこと、ご自宅にいる機会が増え、家族と過ごす時間が増えたことが挙げられるかと思います」

と話す。

   では、どうして出荷が追いつかないほどバカ売れしているのか? 広報担当者は、

「カルシウム、鉄、ビタミンDなどが豊富に含まれる『ミロ』の価値とそのおいしさがあらためて注目され、お子さまだけではなく、大人のみなさまに飲用が広まったことから、2020年7月より、需要が急増しました。インターネット(SNS)上でお客さまのあいだで話題となっていることが、その一因と考えています」

と続ける。

   ツイッター上には、

「品切れってテレビでやってたけど...」
「小学生とかの頃、MILOを牛乳に混ぜて飲むのが最強の飲み物だと思ってた。MILOが一時販売休止ときいて 調べてみたらコロナとか関係なく、想定以上の 注文が続いていて供給計画を上回ったからとのこと」
「また買えなくなりそうなので自分用に2袋買ってきた。先月買えなかったときに代わりに森永牛乳で飲むココアを買ったけど、栄養面の部分でも代替になりそう」

といった「ミロ」ロスの意見が散見される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中