2021年 12月 6日 (月)

「自慢」という「不安」を吐き出させる 「上から目線でモノ言う」人への接し方(高城幸司)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

気持よく相手を勝たせる

   では、どうしたらいいのでしょうか?

   上から目線の発言をする相手を称える言葉を返すのです。たとえば、「どのような努力をすると、先輩のようになれるのでしょうか?」。このように返すと、矛先はあなたではなく相手自身に向きます。おそらく、自分の自慢話をうれしそうにすることでしょう。

   ちなみに上から目線で話す感情の底には見下されることへの恐怖があると言われています。上から目線の人は自分が見下されることが何よりも嫌い。自分の優位性を保つために相手を見下せるポイントを探り始めます。

   気持よく相手を勝たせる「勝たせ上手」に徹し、自慢という名の不安を吐き出させてあげて、「これで不安が解消できればいいんじゃないの」くらいの寛容な気持ちを持てるとベストではないでしょうか。(高城幸司)

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中