2021年 4月 12日 (月)

携帯料金値下げ「冬の陣」ソフトバンクのドコモ追随プランに落胆の声「これで菅政権の携帯値下げ終わったな」(2)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   俄然、ヒートアップした携帯電話料金値下げ戦争「冬の陣」。どんな料金プランを持って参戦するかが注目されていたソフトバンクは2020年12月22日、20GB(ギガバイト)で月額2980円(税別)という新たな料金プランを発表した。

   しかし、これは先行するNTTドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)とまったく同じ容量、金額という後追いの内容。オンライン専用で登録・受付をしてコスト削減を図る手法も同じだ。

   ネット上では、

「ガッカリ」
「期待外れ」

という声とともに、

「やはり大手はすべてメインブランドでの値下げはスルーなのか」
「最後に残ったauも同じだろう。これで菅政権の携帯値下げも終わったな」

と、落胆が広がっている。

  • 携帯電話料金は本当に下がるのか(写真はイメージ)
    携帯電話料金は本当に下がるのか(写真はイメージ)
  • 携帯電話料金は本当に下がるのか(写真はイメージ)

「メリハリプラン頑張った。完全使い放題で4480円は安い」

榛葉淳副社長がオンラインで説明した記者会見(ソフトバンクの公式サイトより)
榛葉淳副社長がオンラインで説明した記者会見(ソフトバンクの公式サイトより)

   今回の発表を評価する人には、こんな意見があった。

「LINE通話もノーカウントなのかな? 家族間無料通話がなくなるためアハモに移行しづらいドコモユーザが一定量いるので(自分もそう)、家族間通話をLINE通話で代替できるのであれば、ちょっと魅力的な気がする」
「結局、事業拡大を狙ったLINEも現状維持にしかならなさそうと言う事でしょう。これがドコモに対してアドバンテージを取れる内容かどうかはまだわかりませんが、現状把握できていないauに比べればずっとマシな気がします。こういったガチなサービスのぶつけ合いがなければ意味がない」
「メリハリプラン頑張ったと思う。完全使い放題でおうち割+3人で4480円なら安い。ただこれにテザリング(編集部注:スマホの通信網を通じてPCやタブレット端末のインターネット接続を行うことができる機能)が付いてればいいのだけど」
「アハモ発表からたった3週間で対抗プランを出してくるソフトバンク、経営判断が早すぎる。このスピード感は素晴らしい。回線もソフトバンクのものを使えるみたいだし、普通にいいと思う。先日のauとは大違いだ」
「メインブランドではないなど賛否両論あるが、残るKDDI系がどう出るかで答えが出る。今のところアハモの一人勝ちって感じ。ただ、Yモバイルが3GB1980円を出してきたのは良かった。従来なら3GB2980円だったので...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中