2021年 10月 17日 (日)

高齢男性に「アンダーヘア脱毛」が広がっている!? そのワケを聞くと......

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いっこうに収束する気配を見せない新型コロナウイルス。そんななか、「アンダーヘア脱毛」(VIO脱毛)を考えている男性が、若者層から高齢者に広がっている。

   欧州のサッカー選手やラグビー選手らは、ロッカー室やシャワールームなどが兼用のため、衛生面に気遣ってアンダーヘアを処理していることで知られる。人気の日本人選手にも広がり、それが若者のあいだでも浸透。さらに高齢男性にも希望者が現れているという。

   いったい、なぜ? 美容整形外科の大手「SBC湘南美容クリニック」マーケティング部に聞いた。

  • いろいろと気になってくることが……
    いろいろと気になってくることが……
  • いろいろと気になってくることが……

要介護になった時、周囲に迷惑をかけたくない

   東京都内に住む50代後半の男性Uさんは、年上の妻との2人暮らし。子どもがいないこともあり、共働きで住宅ローンもすでに完済した。健康への不安も、今のところはあまりない。そんなUさんは最近、アンダーヘアの永久脱毛に通っている。

「この先、要介護になった場合、局部に毛があると不潔だし(年上の)カミさんや周囲に迷惑をかけると思って」

というのが、理由だ。

   ちなみに、費用は全脱毛で総額30万~40万円程度で、複数回はクリニックに通わなければならないそうだ。

   美容整形外科の大手「SBC湘南美容クリニック」マーケティング部によると、

「男性のVIO脱毛はここ10年ぐらいで確実に需要が増えてきています。脱毛に関しては女性のほうが意識は高いですが、その女性パートナーに背中を押されて、アンダーヘア脱毛に来られる男性の方もいます。直近5年をみても、緩やかですが右肩上がりで推移。なかでも要介護になる前の、50~60代の高齢男性は増加傾向にあります。
コロナ禍で、ご自身と向き合う時間が増えたり、リモート会議などで自分が映る姿を見たりして、いろいろと気になるところが出てきたり、美意識が上がったりしているように思います。それにより、VIO脱毛まで意識が働いたケースもあるかと。また、ヒゲの脱毛から始まり、その効果に満足して、次にVIOとステップを上げていくケースも多いですね」

と話す。

   アンダーヘアに限らず、ヒゲや腋毛、胸毛といった脱毛を希望する男性が増えているといい、他にも、

・レーザー脱毛が市民権を得たこと
・施術価格が安くなり、手を出しやすくなったこと
・クリニック自体の数が増加していること
・テレビCMなどでタレントを起用し、イメージアップが図られていること
・インターネットの普及で、情報が手軽に入手できるようになったこと

が背景にあると、同クリニックは分析している。

   コロナ禍にあって、衛生への意識が高まっていることもあるのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中