2021年 4月 21日 (水)

au新プラン「他社と同じだ」と猛批判した武田総務相が総スカン「スマホに疎すぎる!」(1)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

武田総務相「最安値と言いながら、他社と結局同じ値段」

武田大臣からやり玉にあげられたKDDI(au)の「povo」(公式サイトより)
武田大臣からやり玉にあげられたKDDI(au)の「povo」(公式サイトより)

   こうした携帯大手同士の「慣れ合い」にも見える、お互いの「称賛」と「自画自賛」に激怒したのが、携帯電話料金値下げを強硬に押し進めている武田良太総務相だ。1月15日の記者会見で、「最安値」を強調したKDDIの高橋誠社長をやり玉にあげた。

   総務省の公式サイトによると、記者たちとのやりとりはこうだ。

記者「先日KDDIが20GBで2480円の新プランを発表した。KDDI側は最安値をうたっているが、通話料金を含めると、実質ドコモ、ソフトバンクが発表した新プランと横並びになる。『最安値』という表示方法について、どう考えるのか。結果的に携帯電話料金が横並びになったことも、どう受け止めているのか」
武田総務相「非常に紛らわしい発表だった。先般2大臣会合(編集部注:武田総務相と、公正取引委員会・消費者庁を主管する井上信治・内閣府特命担当大臣)、そして消費者庁を交えた中で、利用者がわかりやすい、選択しやすいやり方を求めてきた。最安値と言いながら、他社と結局同じ値段だった。あたかも国民に対して他社よりも一番安い、500円安い2480円だと、すべて同じ条件だと思わせるやり方は、非常に残念だ」

と、不快感をあらわにしたうえで、こう注文をつけた。

「今後、利用者が選択しやすい、わかりやすい説明をしっかりとやっていただきたい。利用者が『契約した時といざ使ってみた時の条件が違うじゃないか』というトラブルが起こらないように、しっかりとした丁寧な説明、わかりやすいシステムを示して、無用なトラブルが起こらない状況を作り上げていくことを期待していきたい」
記者「大臣が要請してきた携帯電話関連で、料金面では3社が出そろった。乗り換えの障壁についても手数料の無料化などが各社から打ち出された。大臣から見て喫緊の課題、残された課題は何か。答にあったように広告表示、わかりやすさの案内というところになるのか」
武田総務相「一番大事なのは、利用者のみなさんが今使用しているものが、自分が求めているプランなのかどうかを自己検証することが重要だ。そのうえで、いま低廉なプランがどんどん出てきて、競争が健全化されてきたわけだが、ただ単に最低価格である数字を出して宣伝するのではなくて、価格の内訳に対しても利用者がしっかりと理解・納得できることが重要だ。事業者にとっていいことばかりを示すのではなくて、その内訳をわかりやすく使用者の方々に指し示していくことが重要になってくる」

と述べて、今後は「広告の誇大表示」や「料金プランにつく条件」を中心にメスを入れていく考えを明らかにしたのだった。

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中