2021年 6月 13日 (日)

「ブサカワ」「キモカワ」で人気じんわり! 新品種の金魚「サクラチョウテンガン」がいよいよ全国区に

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   上目遣いで飛び出した大きな目玉に、丸っこい体つき。2020年10月に新品種として登場した金魚「サクラチョウテンガン」=写真参照=の知名度が、じんわりと全国に広がってきた。

   「金魚の街」として知られる愛知県弥富市生まれ。深海から一気に釣り上げた魚のような顔で、人によってはグロテスクに映るかもしれないが、これが「ブサカワ」や「キモカワ」と評され、ネットをはじめとしてジワジワと人気を集め始めている。

  • 「ブサカワ」「キモカワ」と話題になっている新品種の金魚「サクラチョウテンガン」
    「ブサカワ」「キモカワ」と話題になっている新品種の金魚「サクラチョウテンガン」
  • 「ブサカワ」「キモカワ」と話題になっている新品種の金魚「サクラチョウテンガン」

目がビッグ、紅白の模様で縁起がいい!

   新品種の「サクラチョウテンガン」が、愛知県庁でお披露目されたのは、2020年10月12日のこと。「生みの親」である弥富市の愛知県水産試験場弥富指導所の担当者によると、

「発表当初、取材に来られたメディアは、(名古屋を拠点とする)在名が大半でした。その記事を読んだ東海地方の読者の方々が、ツイッターなどのSNSで『ブサカワ』『キモカワ』と発信していて、そこから徐々に火が付きました。それが全国的に広まっていったようです」

と、拡散されていった経緯を説明。

   ツイッター上には、

「か、可愛いいい。出目金さんいい顔してらっしゃる......」
「新種の金魚いた! 子供が離れない(笑)」
「『桜模様』の鱗が泳ぐたびに美しくきらめき、それでいてチョウテンガンらしいユーモラスな姿が可愛い金魚です」

といった「ブサカワ」を称賛する声も挙がり、盛り上がりをみせている。

   コロナ禍で夏祭りの中止が相次ぎ、「金魚すくい」の出店(でみせ)や金魚を扱う業者などは大きな打撃を受けた。そんな年に開発された「サクラチョウテンガン」という新品種に、担当者らは期待を寄せる。

   「ギョロリ」とした目で、上を向いて泳ぐ姿に担当者は、

「『暗い世の中に光明が差した』といった声をいただき、ありがたい限りです。弥富金魚のブランドを高めてほしいですし、日本だけでなく外国の方の気持ちを上向きにできるような金魚になったらうれしいですね」

と、願いを口にした。

   日本を代表する「桜」、トップを意味する「頂点」、願掛けの「願」と解釈して、「おめでたい名前」と評する人もいるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中