2021年 9月 29日 (水)

トランプが仕掛けた「負の遺産」を克服できるか バイデン次期大統領、異例づくめの就任へ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米国のバイデン次期大統領(第46代)の就任宣誓式が、日本時間2021年1月21日に、ワシントンの連邦議会議事堂前で行われる。

   連邦議会では大統領選挙の結果認定が進められていた1月6日、トランプ大統領の支持者に襲撃される事件があり、就任式ではその再発の可能性があるとして、異例の厳戒体制が敷かれている。

   米メディアによるとバイデン氏は就任演説で、喫緊の課題である新型コロナウイルスによる感染拡大防止策と経済政策を示す一方、トランプ政権で進んだとされる社会の分断解消のため、国民の結束を訴える。

  • 新たな新型コロナウイルス対策案を発表したことをツイッターで報告するバイデン次期大統領(バイデン次期大統領のツイッターより)
    新たな新型コロナウイルス対策案を発表したことをツイッターで報告するバイデン次期大統領(バイデン次期大統領のツイッターより)
  • 新たな新型コロナウイルス対策案を発表したことをツイッターで報告するバイデン次期大統領(バイデン次期大統領のツイッターより)

ワシントン厳戒、トランプ氏欠席の就任式

   連邦議会議事堂を起点に西へ約3キロメートルにわたって延びる国立公園「ナショナルモール」は、大統領就任式では通例、全米から支持者ら数十万人が集まり新しい4年間の始まりを祝う場となるのだが、今回は閉鎖され、市内の通りでは要所にバリケードフェンスが置かれ通行が規制されている。

   就任式典の実行委員会では、参集の自粛を呼び掛けている。式典後に行われる新大統領夫妻のパレードや、複数の会場で開かれる祝賀会はオンライン配信される予定だ。米連邦捜査局(FBI)は、ワシントンばかりではなく、各州の州議会議事堂で武装を伴うデモが起こる可能性があると警告しているという。

   就任式のプログラムも異例のものとなる見込み。というのも、トランプ大統領が、バイデン次期大統領の就任式には出席せず、恒例の引き継ぎを行わないからだ。トランプ氏は最後のツイートで、就任式欠席の意思を述べていたが、そのとおりに行動するらしい。

   米メディアによると、ワシントン郊外の空軍基地で独自の退任式が予定されている。同基地から大統領専用ヘリか飛行機で、退任後の住まいとするフロリダに向かうという。

   退任する大統領が後任者の就任式に不在なのは、1869年にアドリュー・ジョンソン大統領がユリシーズ・グラント次期大統領の就任式を欠席して以来152年ぶりだ。

トランプ最大の「罠」は中国系アプリ禁じた大統領令

   コロナ禍や経済の悪化ばかりか、退任間際までの在任期間中トランプ氏が米国内外を驚かせた政策や行動で、バイデン次期大統領は就任当日から、新たな対応や見直しの作業を迫られる見込み。

   日本銀行の政策委員会審議員を務めた野村総合研究所のエグゼクティブ・エコノミスト、木内登英さんは2021年1月18日付で「注目される米大統領就任式直後の大統領令」と題するコラムをウェブサイトに公開。そのスケジュールを解説している。

   それによると、バイデン氏は大統領就任当日に、2020年以降の温室効果ガス排出削減などのための新たな国際枠組みで、トランプ政権で離脱した「パリ協定」への復帰を実施。さらに、イスラム国家などからの入国を禁じたトランプ氏による大統領令を破棄。また、連邦職員や州境を越えて移動する国民にマスク着用を義務付ける大統領令に署名する見通しという。

   21日と22日には、新型コロナに関連する大統領令への署名や、感染拡大で経済的苦境に立つ国民の救済策を講ずる命令を発する予定。その次の週には、米国製品購入促進、自動車の電動化、風力発電を増やすプロジェクト推進などで大統領令に署名する可能性があるという。

   大統領令は議会の承認や立法手続きを経ずに連邦政府や軍に発することができる行政命令。トランプ大統領は選挙で敗北し退任が近づく中で、次々と大統領令に署名。バイデン氏が苦境に立たされることを狙ってのことだが、木内さんがその具体例として指摘したのは、1月5日にトランプ大統領が署名した、アリペイなど8つの中国系アプリとの取引を禁じた大統領令だ。

   木内さんの説明によると、この大統領令の発効はトランプ大統領退任後の2月。バイデン政権で「この大統領令を破棄すれば、反中機運が強い議会では、民主、共和双方から批判を受ける可能性がある。他方で破棄しなければ、中国からの報復措置を受ける可能性がある」という仕掛けがなされたものなのだ。

   トランプ大統領が、退任に際して施した仕掛けはまだあり「トランプ大統領が残した負の遺産に、バイデン次期大統領は長らく苦しめられることになるのだろう」と木内さんは指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中