2021年 9月 22日 (水)

「お菓子のホームラン王」ナボナが世界へ飛躍! 亀谷万年堂がシャトレーゼHDの傘下に

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   菓子メーカーのシャトレーゼホールディングス(HD、甲府市)は、洋菓子風の和菓子「ナボナ」で知られる老舗の和菓子店の亀谷万年堂と生産会社の亀谷万年堂製菓の全株式を取得して子会社化した。2021年1月25日の発表。

   シャトレーゼHDが和菓子作りのノウハウを取り込み、販路を拡大していく狙いがある。

   亀谷万年堂の本店がある東京都目黒区自由が丘は、「スイーツの街」として知られ、周辺は大田区田園調布や世田谷区深沢といった閑静な住宅街としても有名。地元の人の声を拾うと......。

  • ナボナは「お菓子のホームラン王」のテレビCMで一世を風靡した
    ナボナは「お菓子のホームラン王」のテレビCMで一世を風靡した
  • ナボナは「お菓子のホームラン王」のテレビCMで一世を風靡した

「おやつで食べた」昔ながらの「おなじみの味」

亀谷万年堂は「スイーツの街」「セレブな街」目黒区自由が丘に本店を構える
亀谷万年堂は「スイーツの街」「セレブな街」目黒区自由が丘に本店を構える

   亀谷万年堂は、1938年創業。主力商品の「ナボナ」は、かつてプロ野球・読売巨人軍の王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)を起用したテレビCMで一世を風靡するなど、話題となった。「ナボナはお菓子のホームラン王です」のフレーズは、40~60代には、お馴染みかもしれない。

   自由が丘周辺に住む人は、

「小学校のころ、近所の友だちの家へ遊びに行くと、おやつに食べていました。ナボナは羊羹(ようかん)やおまんじゅうのような和菓子ではないですし、和菓子屋の作る洋菓子みたいなもんですよね。秋には栗を入れるなど、クリームや味を工夫していました。今でもたまに食べるけど、おいしいですよ」(大田区在住の50代男性)
「小さいころから家にありました。小分けの商品を母が買ってきてくれて、おやつに食べていました。特にナボナは、表面にまぶしてある砂糖の口当たりがよく、サクサクした感じが今でも好きです」(世田谷区在住40代女性)
「東京では銘菓と呼べる商品はいくつもありますが、『ナボナ=王さん』というのは全国区ですよね。今でも贈答品として地方に持っていくと『あっ、王さんの!』って、反響をいただけて、持って行った甲斐があります」(世田谷区在住40代男性)

と、「おなじみの味」として愛されている様子がうかがえる。

新たな「化学反応」に期待

   そんな亀谷万年堂を子会社化したシャトレーゼHDは、ケーキなどの洋菓子店を、国内 556店舗、海外8か国・地域で90店舗を展開。菓子事業のほか、ワイナリーやリゾート、ゴルフ場事業を企画管理している。

   シャトレーゼHDの広報担当者は、

「弊社の販路に、亀谷万年堂という新たなブランドが加わりました。同社のブランドや商品などは、引き続いて継続して参ります。また、今後は新たな『化学変化』を求め、社業に邁進してまいる所存です」

と話す。さらに、

「弊社は山梨県甲府市に本社があるのですが、おいしい水や牛乳、卵といった素材の品質には自信があります。そういった部分も含め、コストパフォーマンスやスケールメリットがあると考えています」

と、融和による相乗効果を目指す。

   一方、亀谷万年堂の広報担当者は、

「弊社のブランド力に対し、大きな評価をいただいたと思っております」

と話す。「ナボナ」をはじめとした主力のブランド商品はそのまま維持され、また社員の雇用も維持されるという。

   同社は現在、東京都内と神奈川県内に29の直営店を展開。加えて一部の量販店に出店しているが、シャトレーゼHDの子会社になったことで、本格的な全国展開が可能に。そればかりか、海外展開も視野に入ってくる。ナボナが、「世界のお菓子のホームラン王」になる日はそう遠くないかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中