2021年 5月 14日 (金)

相次ぐ「森会長暴言」に「五輪を中止せよ!」の大合唱 聞け、これが海外の「世論」だ!(井津川倫子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   日本人としてこれほどまでに「恥ずかしい」ことがあるでしょうか――。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の相次ぐ「暴言」が、海外でも波紋を広げています。

   東京五輪の開催をめぐり世界の注目が集まるなか、「(五輪中止や再延期を求める)『世論』が問題だ」「女性が会議に入ると時間がかかる」と、信じられないような発言を連発する森会長。「本当は五輪を中止にしたいのか?」と勘ぐりたくなるほどの「ドン引き」発言は海外でも大きく報じられています。

   メディアのリプライ欄には、「stupid(アホ)」「五輪は中止だ」といった声がズラリ!今回は、森会長発言に対する「海外の生の声」を追ってみました。

  • So stupid!(写真は、東京五輪組織委員会の森喜朗会長。公式サイトより)
    So stupid!(写真は、東京五輪組織委員会の森喜朗会長。公式サイトより)
  • So stupid!(写真は、東京五輪組織委員会の森喜朗会長。公式サイトより)

「失言癖で有名な83歳」では終わらない「女性差別発言」の重さ

   それにしても、どうしてここまで「空気が読めない」人なのでしょうか? 発言が注目されているとわかっていながら、公式の場で次々と「時代遅れの持論」を展開する森会長。東京五輪組織のトップとしての発言は、「老害だ!」と苦笑する域を超えています。

   まずは、森会長の「女性が入る会議は長くなる」発言をめぐる海外メディアの厳しい見出しをご覧ください。

Tokyo 2020 chief Mori makes sexist remarks at Games meeting
(東京五輪のトップ森会長が、会議で女性差別発言をした:ロイター)
sexist:男女差別的な、性差別を助長するような、差別主義者

Tokyo Olympics chief sparks sexism row after 'annoying' women remark
(東京五輪のトップが、女性は「迷惑だ」発言で女性差別騒動を引き起こしている:米FOXニュース)
spark a row:騒ぎを引き起こす

   注目すべきは、多くのメディアが森会長の発言を「sexist」(女性差別主義者、女性差別主義)と断定していることです。「女性差別と受け止められかねない」など、玉虫色の表現をしてくれる日本の一部メディアのように「優しく」はありません。

   とりわけ、「いかなる差別をも受けることなく」と定めた五輪憲章にも反する内容ですから、どう転んでも容認される余地はないでしょう。

   仏AFP通信は森会長のことを「83-year-old former prime minister known for public gaffes」(失言癖で有名な83歳の前首相)と伝えていますが、今回の発言は「個人的な失言」では済まされません。

   米ワシントン・ポスト紙は、森会長の発言を受けて「他の委員たちから笑いが起こったとも伝えられている」と、女性蔑視的な見方が組織内で受け入れられていると暗に示しています。

   さらに、海外メディアが強調しているのは、「東京2020側にコメントを求めたが返答がない」「東京2020側はコメントを出していない」と、組織委員会や運営側が「沈黙」を貫いている点です。

   このままでは、森会長の個人的な見解ではなく、組織として容認していると捉えられてもしかたありません。東京五輪開催への「世論」はますます厳しくなることでしょう。

海外の人も五輪反対! リプ欄は「アホ!」「中止だ!」の大合唱

   相次ぐ森会長の「暴言」を、海外の人たちはどう受け止めているのか。そもそも、コロナ禍での東京五輪開催に賛成なのか、反対なのか......。一般の人たちの「世論」を求めて海外メディアのコメント欄やリプ欄をのぞいてみました。その一部をご紹介します。

   まずは、森会長の「女性差別発言」を伝えるニュースへのリアクションです。世界中の人たちが怒りを通り越してあきれかえっている姿が目に浮かびます。

So stupid(とんでもないアホだ)
Ridiculous(ふざけている)
Cancel Olympics!(オリンピックを中止せよ)
This is not the 1930's(1930年代じゃないぞ)
Get this dinosaur out(この恐竜を放り出せ)
He should be nowhere near something like Olympics(彼をオリンピックに関わらせてはいけない)

   「女性差別発言」の数日前には、「コロナがどんな状況でも五輪はやる」「中止や延期を求める『世論』が問題だ」と発言していた森会長。この発言への「リアクション」も炎上ぎみです。

It only underpins that sport and money are more important than human life
(スポーツや金は人の命よりも大切だということだな)
What a waste of money(なんという金のムダ使いだろう)
Could be a disaster(災害を引き起こすだろうな)
Didn't Japan just extend their state of emergency?(日本は緊急事態宣言を延長したばかりじゃなかった?)

   森会長が発言すればするほど、オリンピックの価値そのものが揺らぐという皮肉な状況になっています。東京五輪中止への究極のオウンゴールではないでしょうか。

   それでは、「今週のニュースな英語」「be known for」(~で知られている)を使った表現です。森会長は「失言癖で知られている」と報じられましたが、褒める時にも使います。

This company is known for 150 years(この会社は150年も歴史がある)

This company is known for innovative products
(この会社は革新的な商品で知られている)

This company is known for being among the best in the world
(この会社は世界最高の一つだと知られている)

   東京五輪開催に向けて「『世論』が問題だ」と非難した森会長。メディアへの反応を見る限り、残念ながら森会長を支持する「世論」は、世界中どこにも見当たらないようです。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中