2022年 1月 19日 (水)

「ウェブだけで入社を決めた」学生が3割 「1日で複数の企業を受けられる」メリットもある

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   突然の会社説明会や面接の中止、OB・OG訪問できない......。今春(2021年)大学を卒業、入社を予定している学生のうち、約3割が「ウェブだけ」で入社を決めていたことが、就職情報サイトを運営する学情の調べでわかった。2021年2月5日の発表。

   コロナ禍で苦労した学生たちが、これから就活戦線に挑む2022年卒の学生たちにエールを送った。

  • コロナ禍の就活を乗り切る!
    コロナ禍の就活を乗り切る!
  • コロナ禍の就活を乗り切る!

コロナ禍で企業との「接点」減り不安

   調査によると、「入社を予定している企業」の選考形式で最も多かったのは、「リアル訪問」で38.3%。次いで、「Web面接と、リアル訪問の両方」が32.4%、「Web面接」が29.3%と続いた。Web面接のみで入社を決めた学生が、29.3%にのぼることがわかった=円グラフ参照

   コロナ禍の就活で苦労したことを聞くと、「説明会・選考が延期・中止になった」と答えた学生が65.6%で最多。次いで、「Web説明会・Web面接では企業の雰囲気がわかりにくかった」の42.2%、「説明会・選考がWebに変更になった」が34.0%、「企業に訪問する機会がなく不安だった」31.6%と続いた=グラフ参照

   その結果、学生からは、

  • 「第一志望の企業は採用活動を中止した。もし選考を受けることができていたらと思うと、心残りがある」
  • 「採用活動の中止で、選考を受けることができない企業もあった。新たに志望業界を探すのに苦労した」
  • 「インターンシップの期間から企業研究をしていた企業の選考が中止になったのは、ショックだった」
  • 「リアルでの説明会がなく、企業の雰囲気を理解するのが難しかった」
  • 「社員に一度も会ったことがなく、本当に自分に合った環境かは今でも確信は持てていない」
  • 「内定者の顔合わせもオンラインのみで、同期と一度も会ったことがない」
  • 「コロナ禍での就職活動はノウハウがなく不安だった」

などの声が寄せられた。

   これまで誰も経験したことのない就活で、戸惑いや不安が大きかったことがわかる内容ばかりが綴られていた。

「就活は情報収集と情報の取捨選択が大事です」

   入社を控えた学生たちに、2022年春に卒業予定の学生(現3年生)への就活アドバイスを聞くと、

  • 「リアル開催の合同企業セミナーなどを通して、さまざまな業界・企業を知ってください。 やりたいことは、1つの業界でしかできないとは限らないです」
  • 「コロナ禍で採用を縮小する企業もあるからこそ、視野を広げたほうが、やりたい仕事に近づけると思います」
  • 「コロナ禍では、Web面接が多くなると思います。Web面接では企業の雰囲気をつかみにくいですが、1日に複数の企業の面接を受けることができるといったメリットもあります。 ぜひ、Web面接のメリットを活かして、多くの企業の話を聞いてみてください」
  • 「不安もあると思いますが、いろんな企業を見ることで、必ず自分の働きたいと思える企業に出会えると思います」
  • 「直接企業に足を運ぶ機会が減り大変なことも多いと思いますが、就職活動はとにかく情報収集と情報の取捨選択が大事だと思います。インターネットには就職活動に関する情報が溢れていますが、すべてが参考になるとは限りません。こんな時だからこそ、必要な情報・参考にできる情報を見極めることがカギだと思います」
  • 「オンライン面接では、無機質にならないことが大切です。人事の方も学生も、機械に向かって話しているので、ジェスチャーや声に抑揚をつけるなどの工夫が絶対に必要です。 声・抑揚・リアクションを2倍にしてちょうどいいくらいだと思います」
  • 「自分のペースで頑張ってください。自分のペースを保つためにも、キャリアセンターの職員や、先輩などたくさんの人に相談に乗ってもらうのも良いと思います」

といったエールとアドバイスが寄せられた。

   なお、調査は「あさがくナビ2021」会員を対象に、2021年1月22日~31日に実施。有効回答数は256人。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中