2021年 10月 26日 (火)

コロナ禍でも健闘、キリン「一番搾り」 リニューアルで2021年成長の「けん引役」めざす

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   11年ぶりにビール業界シェアトップを奪還したキリンビール株式会社は、フラッグシップブランドである「キリン一番搾り生ビール」を、2年ぶりにリニューアルする。2021年2月4日にメディア向けにオンラインで「キリンビールのビジネス概要説明および『新・一番搾り』『おいしさ』先行体験会」を開いた。

   新型コロナウイルスの感染拡大で、「巣ごもり需要」が伸びるなか、キリンビールは2020年のビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)の販売実績で、市場を大きく上回る成果を上げた。新たに投入する「新・一番搾り」をけん引役に、2021年はさらなる飛躍を目指したいとしている。

  • 「一番搾り」のリニューアルを担当したキリンビールのマスターブリュワー、田山智弘氏(左)と、ビジネス概況説明を行ったマーケティング部長、山形光晴氏
    「一番搾り」のリニューアルを担当したキリンビールのマスターブリュワー、田山智弘氏(左)と、ビジネス概況説明を行ったマーケティング部長、山形光晴氏
  • 「一番搾り」のリニューアルを担当したキリンビールのマスターブリュワー、田山智弘氏(左)と、ビジネス概況説明を行ったマーケティング部長、山形光晴氏

時代は「ゆっくり味わう『おいしさ』」求める

   とくとくとくっ......。グラスを傾けず少量を注いで泡立て、その後、グラスを片手で持って傾けて、泡を持ち上げるように注ぐ。

   今回、「一番搾り」のリニューアルを担当したキリンビール・マーケティング部で、「味の責任者」ともいわれるマスターブリュワー、田山智弘氏が、「『おいしさ』先行体験会」で、「一番搾り」のおいしい味わい方をデモンストレーションしてみせた。

おいしい飲み方をデモンストレーションする田山智弘氏
おいしい飲み方をデモンストレーションする田山智弘氏

   キリンビールの常務執行役員マーケティング部長、山形光晴氏によると、キリンビールは2021年、消費者に評価が高まっている「一番搾り」ブランドをけん引役としてビール類事業の成長を図る計画を打ち出した。

   「一番搾り」の販売目標の合計で前年(20年)比13%増、缶製品でも13%増を目指すという。目標達成をサポートする成長エンジン育成策の一つとして、小規模飲食店向け新サーバー「TAPPY(タッピ―)」を展開。飲食店向けに小容量ペットボトルを使った新しいサービスで、中小飲食店向け業務用市場の開拓を計画している。

   今年の「一番搾り」の成長を支える大きな柱の一つは、2年ぶりに実施するリニューアルだ。1990年の発売以来5回目で、マスターブリュワーの田山氏によると、キリンが目指す「理想のビールのおいしさ」を具現化したという。

   キリンのビールづくりの目標として、ドイツ語の「バイター・トリンケン(飲みやすく飲み飽きない)」という言葉が言い習わされていて、同社が追求する「理想」でもあるという。「一番搾り」のリニューアルにあたり、400回を超える試醸(試験醸造)を行い、「究極の調和」を目指し、バイター・トリンケンの実現を図った。

   高度成長期やバブル期では、ビールというと「ごくごく飲み干す」ことによる「止渇性」が求められたが、「成熟期」とされる現代では「ゆっくり味わう」ことができる「おいしさ」が求められており、リニューアルを経た「新・一番搾り」は、そのことに適合したビールになっているという。

   「一番搾り」は2月製造品から、リニューアルされたものに切り替わり、順次店頭に並ぶ予定だ。

「新・一番搾り」は、缶に「新」文字
「新・一番搾り」は、缶に「新」文字
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中