2021年 7月 29日 (木)

株価の上値重く 原因の米長期金利の上昇は一服したが......(3月8日~12日)【株と為替 今週のねらい目】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京株式市場の日経平均株価は3万円を割ると、それを境に足踏み。株価下落の原因となった米国の長期金利の上昇に伴うドル買い・円売りは一服している。

   FRB(米連邦準備制度理事会)は景気回復について慎重な見方を変えていないものの、長期金利の上昇を容認する姿勢を維持している。引き続き、米長期金利の動向には注意が必要だ。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 株価3万円を前に再び足踏み
    株価3万円を前に再び足踏み
  • 株価3万円を前に再び足踏み

東京株式市場 再度の3万円超えに「壁」

日経平均株価予想レンジ:2万8000円~2万9300円

2021年3月5日(金)終値 2万8864円32銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の重い展開か。

   前週の日経平均株価は、米国の長期金利の動向に左右される展開だった。日経平均株価は一時2万8000円台半ばまで急落した。その後は戻り歩調となったが、3万円を目前にすると上値が重くなり、3万円台を回復することはなかった。

   外国為替市場でドル円相場が、1ドル=108円台のドル高・円安に振れたことも嫌気された。

   今週の日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。4日のインタビューで、FRB(米連邦準備理事会)のパウエル議長が「現在の金融政策スタンスは適切」と述べたものの、長期金利の上昇をけん制する発言がなかったことで、市場の失望感を誘った。

   16~17日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催される。それまでは要人発言が出ないため、様子見気分が強まる可能性が強い。ただ、ドル円相場が1ドル=108円台とドル高・円安傾向にあり、その動向次第では下値を模索する動きになる可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中