2021年 4月 15日 (木)

ソフトバンクは「金の卵を産む」 孫正義社長が胸を張るSVFの成長【馬医金満のマネー通信】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   ソフトバンクグループ(SBG)の2021年3月期第3四半期(20年4~12月)決算が、2月8日に発表されました。孫正義会長兼社長が同社の業績やソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)などについて説明しました。

  • ソフトバンクは「金の卵の製造業」と説明する孫正義社長(画像は、2021年2月8日の決算発表会。同社のホームページより)
    ソフトバンクは「金の卵の製造業」と説明する孫正義社長(画像は、2021年2月8日の決算発表会。同社のホームページより)
  • ソフトバンクは「金の卵の製造業」と説明する孫正義社長(画像は、2021年2月8日の決算発表会。同社のホームページより)

純利益は3兆円を突破した!

   ソフトバンクグループの2020年4~12月期決算の純利益は、前年同期比で6.4倍の3兆551億円にのぼり、第3四半期では過去最高の数字となりました。トヨタ自動車の純利益が2兆円台であることを踏まえると、日本企業の中では一つ頭抜けた感じがします。

   その中で、莫大な利益の大半を占めたのが、10兆円以上の資金を世界中のベンチャー企業に投資するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)です。2017年から運用する1号ファンドと2020年開始した2号ファンドで合わせて、2兆7288億円の投資利益を計上しています。

   その中で最も含み益をもたらしたのが、2020年12月に上場したアメリカのフードデリバリーサービス最大手である「ドアダッシュ」です。

   SVFは2018年から4回にわたって総額約700億円を投資していますが、上場後の12月末時点での時価は約9300億円となっています。このコロナ禍の情勢で、フードデリバリーの需要がかなり増えて、株価の上昇につながっています。

   ちなみに、フードデリバリーでは同様に、「Uber Eats」のウーバー・テクノロジーズの株価も同じように上がっています。

   SVFは、起業家向けにコワーキングスペースを提供する米ウィーワークの経営問題で一時、その投資手法に疑問符がつくこともありましたが、今回の決算でかなり払拭したイメージです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中