2021年 9月 22日 (水)

ホンダが世界初の「レベル3」自動運転車 100台限定でお値段1100万円!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ホンダは高速道路の渋滞時にドライバーがステアリングホイールから手を離して携帯電話などの操作ができる「レベル3」の自動運転を実用化し、高級セダン「レジェンド」に搭載した。2021年3月5日に発売。レベル3の市販車は、世界で初めてとなる。

   ホンダは2020年11月、国土交通省からレベル3の自動運転システムの安全性と量産を認められる、世界初の「型式指定」を受け、「2020年度内に市販する」と発表していた。今回のレジェンドへの搭載で、その公約を実現した。

  • ホンダが「レベル3」の自動運転を実用化(画像は、ホンダのホームページより)
    ホンダが「レベル3」の自動運転を実用化(画像は、ホンダのホームページより)
  • ホンダが「レベル3」の自動運転を実用化(画像は、ホンダのホームページより)

レベル3は高速道路など「特定条件下の自動運転」

   自動運転は国際的に5段階に分かれている。レベル1が自動ブレーキなどの「運転支援」、レベル2が高速道路で車線を維持しながら前のクルマに追走するなど「高度な運転支援」を搭載したクルマを指す。レベル2まではドライバーが前方や周辺の状況を監視する必要があり、自動ブレーキなどのシステムはドライバーを支援する存在だ。

   今回、ホンダが実用化したレベル3は、高速道路など「特定条件下の自動運転」を認められたクルマで、高速道路の渋滞時など限られた条件下では自動運転システムがドライバーに代わって運転することになる。ただし、高速道路でも条件が整わずシステムが対応できない場合は、これまでどおりドライバーが運転する必要がある。

   レベル3の自動運転となるのは、渋滞時の高速道路などで時速30キロメートル未満になるとシステムが作動し、50キロメートルまで自動運転となる。この間、ドライバーは前方や周辺を監視することなく、スマホなどを見ることができる。

   レジェンドの場合、ステアリングホイールやナビ画面の上部に表示灯があり、渋滞時に自動運転が可能になるとブルーの表示が点灯する。渋滞が解消し、時速50キロメートルを超える領域になると、表示灯がオレンジに点灯するなどして、ドライバーに「運転交代」を知らせる。

ドイツ車抑え、世界の先陣を切ったホンダ

   ホンダは「3次元の高精度地図や全球測位衛星システム(GNSS)の情報を用いて、自車の位置や道路状況を把握し、多数の外界認識用センサーで周囲360度を検知する」という。

   これらの情報を基に「メインECU(Electronic Control Unit)が認知・予測・判断を適切に行い、アクセル、ブレーキ、ステアリングを高度に制御する」と説明する。ECUはもともと「エンジン・コントロール・ユニット」とも呼ばれ、車線維持システムや車間距離制御システムなどを電子制御するマイコンで、自動運転の心臓部といえるものだ。

   レベル3の自動運転をめぐっては、ドイツのアウディやメルセデス・ベンツなども開発を進めており、世界でどのメーカーが「世界初の市販」に名乗りを上げるか注目されていた。その世界的な開発競争の中で、ホンダが世界の先頭を切った意義は大きい。

   ただし、レベル3搭載のレジェンドは当面、100台の限定生産で、希望小売価格は1100万円。しかも、リース専用の契約になる。

   ホンダはこの点について「丁寧なアフターサービスを行うためだ。リースによって定期的に点検・整備し、クルマを完璧な状態にするため、100台限定とした」と説明している。

   「まずは第一歩として100台を限定生産する。増産は考えていない」とホンダは話す。当面は世界初の自動運転車に対する市場やユーザーの反応を慎重に見極める方針のようだ。(ジャーナリスト・済田経夫)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中