2021年 7月 29日 (木)

株価再び3万円に挑む 注目される米FOMC、日銀の金融政策(3月15日~19日)【株と為替 今週のねらい目】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   米国のバイデン政権による大規模な追加経済対策の成立と米長期金利が落ち着いてきたことを背景に株価が持ち直し、ドル買いも進んだ。

   ただ、3月16~17日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)や、18日~19日の日本銀行の金融政策決定会合を終えるまでは、目が離せない。改めて示される金融緩和策の方針次第ではドル買い・円売りがやや縮小する可能性がある。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 日米の金融政策会合に注目!
    日米の金融政策会合に注目!
  • 日米の金融政策会合に注目!

東京株式市場 日銀のETF買い入れに注目

日経平均株価予想レンジ:2万9000円~3万500円

2021年3月12日(金)終値  2万9717円83銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、神経質な展開か。

   前週の日経平均株価は、3週間ぶりに上昇した。米国でバイデン政権による1兆9000億ドルの大規模な追加経済対策が成立。これを好感した米国株の上昇を受け、日経平均株価も上昇した。外為相場が1ドル=109円台前半へと円高が進んだものの、日本株への影響は少なかった。

   今週の日経平均株価は、16日から米国でFOMC(米連邦公開市場委員会)、18日から日本銀行の金融政策決定会合が開催されるため、神経質な展開となりそうだ。

   ただ、日米両国の金融政策でサプライズがなければ、日経平均株価は3万円回復を試す局面がありそうだ。特に日銀の金融政策会合は金融政策の点検結果の発表が予定されており、日銀によるETF(上場投資信託)の買い入れ額の減額といった観測報道も出ているだけに、株式市場では「クジラ」と呼ばれる日銀のETF買い入れ姿勢に変化がなければ、日経平均株価は3万円台乗せとなる可能性は大きい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中