2021年 4月 17日 (土)

西武ライオンズ180億円投じたメットライフドーム竣工 後藤オーナーが「ボールパーク」宣言!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズは、本拠地メットライフドーム(埼玉県所沢市)で約3年間にわたった改修工事を終え、2021年のシーズン開幕を控えた3月8日に竣工式を行った。後藤高志オーナーや辻発彦監督らが出席。後藤オーナーは、スタジアムの「ボールパーク」化を宣言した。

   プロ野球界では近年、野球場の試合観戦を中心に多角的な楽しみ方ができる施設に変えるボールパークがトレンド。西武ライオンズでは球団40周年記念事業として取り組み、ドームと近隣の施設を含め、新たなエリアに生まれ変わろうとしている。

   今季のメットライフドームは、ICT(情報通信技術)を活用して「スマートスタジアム」化を推進。「新しい観戦体験」を提供したいという。

  • 新メットライフドーム元年に日本一を目指す!(竣工式に出席した、後藤高志オーナー=右=)と辻発彦監督)
    新メットライフドーム元年に日本一を目指す!(竣工式に出席した、後藤高志オーナー=右=)と辻発彦監督)
  • 新メットライフドーム元年に日本一を目指す!(竣工式に出席した、後藤高志オーナー=右=)と辻発彦監督)

外野芝生席を座席に、グループ席もバージョンアップ

   メットライフドームの改修は、ネット裏のグループ席をバージョンアップ。2020年の「ネット裏スペシャルシート」が、L字型4人掛けシートとテーブルを備えたボックスタイプの「ネット裏テーブル4」に生まれ変わった。また、ネット裏席の上段には「パーティーテラス」を新設。6~8人用の「屋外スイートルーム」のコンセプトで設計されたもので、ゆったりと観戦を楽しめる。

   外野席は、スタジアムができた1979年以来ファンに親しまれていた芝生席を座席付きに変更。シートは折りたたみ式でクッションを採用。足元も広く応援で立ったり座ったりするファンに配慮した。

   また、カップホルダーは通路に面したシートにも足元に備える気配りを示した。飲料カップをホルダーに預けフラグを思い切り振って応援できるのはファンにとってはうれしい変化に違いない。内野席には投球練習をするリリーフピッチャーを間近にみられる「ブルペンかぶりつきシート」を新設。選手との距離を縮めプレーをより身近に感じられるようにしている。

ネット裏上段に新設された「パーティーテラス」
ネット裏上段に新設された「パーティーテラス」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中