2021年 4月 23日 (金)

「Olympig」演出で辞任!まだまだ出てくる? 「五輪内部告発」に橋本新会長は戦々恐々(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   開催まであと4か月ちょっととなった東京オリンピック・パラリンピックに新たな騒動が勃発です。開閉開式の演出を統括するクリエイティブディレクターの佐々木宏氏が、タレントの渡辺直美さんを「Olympig(オリンピッグ・豚)」として演出する提案をしていたことが報じられ、辞意を表明しました。

   仲間内のLINEメッセージが暴露された形のこのスクープ。好感度抜群のタレントを巻き込んでいるだけに、衝撃度は森喜朗元会長の「女性蔑視発言」を超えるかもしれません。

   それにしても、あきれるほどトラブル続きの東京オリンピック・パラリンピックですが、麻生太郎財務相の「呪われたオリンピック」発言を「放言」だと笑えなくなってきました。

  • 相次ぐ辞任騒動で、橋本聖子会長は戦々恐々
    相次ぐ辞任騒動で、橋本聖子会長は戦々恐々
  • 相次ぐ辞任騒動で、橋本聖子会長は戦々恐々

世界が嘲笑! 日本を代表するクリエイターが......

   またもや痛烈な「文春砲」が炸裂です! ネットでこのスクープが話題になると、週刊誌発売前にも関わらず、海外メディアが相次いで速報しました。

'Can't be taken back': Fresh Tokyo blow as ceremonies chief resigns over derogatory 'pig' idea
(「取り返しがつかないこと」演出統括が軽蔑的な「豚」企画をめぐり辞任して東京五輪に新たな打撃:米Foxニュース)
derogatory:軽蔑的な、見下す、侮蔑するような

Tokyo Games creative head resigns over 'Olympig' remark
(東京五輪のクリエイティブ統括が「オリンピッグ」発言で辞任する:ロイター通信)

   渡辺直美さんにピンクの「豚」の仮装をさせて、「オリンピック」と「ピッグ(豚)」をかけるという驚きの「Olympig(オリンピッグ)」構想は、仲間内のLINEで披露したネタだったそうですが、笑えないセクハラオヤジギャグとしか思えないレベルの低さです。

   何よりも、これが日本を代表するクリエイターの発想として世界に広まってしまったことが、恥ずかしくてたまりません!

   とりわけ海外では、容姿をネタにするのは御法度です。職場でも「スタイルが良い」とか「ちょっと太っている」といった会話は全力で避けますし、話の流れで少しでも容姿に関係しそうになると、全員が一致してあわてて話題を変えるほどです。

   禁断の「容姿ネタ」に加えて、今回は対象が女性タレントだっただけに、先日の森元会長の「女性蔑視発言」に続くジェンダー問題にまで発展しています。

   佐々木氏といえば、電通出身の超有名クリエイターです。佐々木氏が率いた電通の100%子会社「シンガタ(2019年解散)」は日本一のクリエイター集団と称されて、次々と華々しい企画を発信していましたが、「お値段が超高い」ことでも有名でした。

   ソフトバンクやサントリー、トヨタや資生堂といった日本を代表する企業をクライアントに抱えていた佐々木氏でしたが、残念ながら今回の「Olympig(オリンピッグ)」騒動でクリエイターとしての評価は地に落ちてしまったのではないでしょうか。

   身から出たさびとはいえ、佐々木氏にとっても日本にとっても、あまりにも情けない幕引きでした。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中