2021年 7月 26日 (月)

コロナ禍の中での転職理由、緊急事態宣言の前後でこんなに変わった!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大が、転職の動機づけにも変化を及ぼしていることがわかった。

   転職サービス「doda(デューダ)」を運営するパーソルキャリア株式会社が、2020年4月の緊急事態宣言の前と後に分け、それぞれ時期の転職経験者を対象に転職理由を調査したところ、宣言の解除後では個人の将来を見据えた目標を掲げるケースが多くなった。2021年3月22日の発表。

  • コロナで転職理由は将来見据える傾向にシフト
    コロナで転職理由は将来見据える傾向にシフト
  • コロナで転職理由は将来見据える傾向にシフト

緊急事態宣言前は「社内の雰囲気が悪い」が1位

   調査によると、緊急事態宣言前の転職理由は、1位の「社内の雰囲気が悪い」(12.5%)に加え、4位タイの「人間関係が悪い/うまくいかない」(5.9%)、9位「尊敬できる人がいない」(3.8%)といった、人間関係にまつわるものがトップ10に並んだ=下表参照

   4位タイの「ハラスメントがあった(セクハラ・パワハラ・マタハラなど)」(5.9%)や、7位タイの「個人の成果で評価されない」(4.5%)や「雇用形態を変えたい」(4.5%)などを合わせて、職場の働く環境に関する理由が大半といえる。

   一方、宣言の解除後となると、1位「給与が低い・昇給が見込めない」(9.7%)、2位「スキルアップしたい」(8.0%)や、7位の「他にやりたい仕事がある」(5.2%)などが、宣言前より順位を上げた。個人的な目標を掲げるなど、将来を見据える傾向にシフトしている。

   パーソルキャリアは、

「背景にはコロナ禍で会社が業績不振に陥り、給与が下がった、あるいは『このままこの会社にいてよいのか』といった不安が生じたことが考えられる」

と分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中