2021年 4月 17日 (土)

じつは多くの日本人がやっている「うがい」は、ほとんど効果がない!?【尾藤克之のオススメ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   緊急事態宣言の解除も束の間、春の到来に呼応するように花粉症にも悩まされる季節になりました。日本では古くから定着している「うがい」ですが、多くの人の「うがい」は間違いだらけだとしたらどうでしょうか――。

   その「うがい」では、バイ菌やウイルスを洗すことはできません。今回は正しい「うがい」を理解できる一冊を紹介します。

「7秒うがい ~歯科医が考案した新習慣! 免疫力を高めてウイルスを遠ざける」(照山裕子著)きずな出版
  • 「正しいうがい」してますか?
    「正しいうがい」してますか?
  • 「正しいうがい」してますか?

「正しいうがい」は学校では教えてくれない

「うがいなんて、言われなくても毎日やってるよ」
「いまさらうがいなんて、教えてもらう必要はないよ」

   こんなふうに考えている人はいませんか? じつは、多くの日本人がやっている「ガラガラペーッ」のうがいは、ほとんど効果がありません。

   うがいを軽く考えていると、知らないうちに口のなかがバイ菌やウイルスだらけになり、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症にかかるリスク、重症化するリスクが高くなってしまいます。

   著者の照山裕子さんは、

「みんな、正しいうがいのやり方を知らないのかも知れない。これが長年歯科医師として働き、多くの患者さんの口のなかと、うがいのやり方を見てきた私の感想です。みなさんも歯科医に行ったら、治療の合間に『口をゆすいでください』と指示されると思います。そんなとき、多くの患者さんは口の中に水を含んで軽くゆすぐだけで、すぐに吐き出してしまいます。なかにはまったく音が聞こえないほど静かなこともあります」

と言います。

   しかし......。

「残念ながら、そのようなうがいでは、治療した歯の削りかすや薬剤などが口のなかにベッタリと残ってしまっているのです。もちろん、『治療の最中だから手早く済ませよう』という患者さんの配慮もあるでしょう。あるいは麻酔が効いていれば、うまくゆすげなくて当然です。でも、もし普段のうがいも2~3回でブクブクさせて済ましているなら『うがい不足』です」

   照山さんは、うがいが不十分だと口の中に歯磨き粉が残ったままとなり、バイ菌やウイルスを流しきれていないと言うのです。

「新型コロナウイルスの流行によって、これまで以上に多くの人が『外から帰ったら、うがい、手洗い』を習慣にしていると思います。でも、そもそも間違ったうがいをしていては、その効果もほとんどなくなってしまいます。しかし不十分なのは仕方がないことだと思います。わたしたちは誰も『正しいうがいのやり方』を教わったことがないのです」
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中