2021年 4月 16日 (金)

海外経験者は国内旅行にシフト コロナ禍で再開には慎重、時間とともに関心も薄れて......

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   旅行業界にとって、まだまだ厳しい状況が続きそうだ。JTB総合研究所は、「コロナ禍におけるこれからの日本人の海外旅行意識調査」を、2021年3月30日に発表。それによると、2020年の海外旅行者数は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、前年比84.2%減の317万人にとどまった。

   その代替として、海外旅行の経験者は国内旅行にシフトしていることがわかった。また、コロナ禍の終息が不透明なことから、時間が経つにつれて「旅行へ行こう」という意識も遠ざかっている。

  • 海外旅行はしばらくおあずけ……(写真はイメージ)
    海外旅行はしばらくおあずけ……(写真はイメージ)
  • 海外旅行はしばらくおあずけ……(写真はイメージ)

海外経験者のほうが旅行へ出かけた

   調査は2段階で実施。予備調査は、全国15歳以上の男女1万2142人が対象。2018~20年の海外旅行や国内旅行の経験や、今後数年間における海外旅行の意向について聞いた。

   2019年に海外旅行を経験した人で、新型コロナウイルスの感染が国内に広がった2020年に、国内旅行を1回以上経験した人は71.7%。2019年に国内旅行だけを経験した人の20年の実施率は53.6%と、前年の海外旅行経験者のほうが旅行実施率は高い結果となった。

   旅行回数をみてみると、どちらも最も多いのが1回でほぼ同じ割合だったが、2回以降から差が開き、3回以上のリピーターは前年の海外旅行経験者は25.3%、、前年の国内旅行のみの経験者は13.0%という結果になった。

   このことから、海外旅行を経験している人は総じて旅行が好きで、国内旅行も積極的であり、消えた海外旅行市場の旅行者は国内旅行消費もリードしていると考えられるという。

   海外旅行の再開に向け、「行き先にこだわらず、すぐ行きたい」は全体で13.8%にとどまり、「世界的にコロナ禍が落ち着くまで行かない」が60.4%を占め、慎重な態度がうかがえる。

   次に、海外旅行の再開のきっかけは何になると考えているのかを聞いたところ、「新型コロナウイルスに対する効果的な治療薬が見つかれば」が最も高く40.4%。世界的にコロナ禍が落ち着くまでは「行かない」という人が約6割。万が一でも新型コロナウイルスに感染しても対応が可能であることが、海外旅行再開の大前提になっていることがうかがえる。

   年代別にみると、男女15~29歳では「自国の自粛ムードが解消されれば」、「友人・知人など自分の周囲の人が海外旅行に行き始めたら」が、他の年代に比べて高い結果となった。若い世代ほど自粛ムードや周囲の目を気にするなど、周囲との関係を大事にしているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中