2021年 10月 22日 (金)

「70歳定年」で老後がなくなる日がやってくる!?【ひろ子ママの教訓 その49】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   きょうは50代半のFさんがいらっしゃっています。コロナ禍が直接な原因ではないようですが、会社が早期退職の募集を始めたそうですね。

「70年定年時代と言われているなか、今から考えても約15年もあります。早期退職制度は私のような中高年がメインターゲットですし、退職金も上乗せされますし、正直惹かれる気持ちもあります。今は70年定年ですが、この先75年、80年という時代もきっと近づいてきますよね。新卒から長年勤めてきた会社からの卒業もそろそろ考えようかなと思い始めています。70歳、80歳になった頃、私たちはどんなふうに働いているのかな、なんて考えたりしています」
  • 「70歳定年時代」に、あなたはどう働きますか?(写真はイメージ)
    「70歳定年時代」に、あなたはどう働きますか?(写真はイメージ)
  • 「70歳定年時代」に、あなたはどう働きますか?(写真はイメージ)

定年がなくなる時代がやってくる

   平均寿命の伸びも関係していますが、定年が伸びるってことは、その分老後が短くなることです。ネットでも「老後レス時代」と話題になっていますが、「私たちの人生から老後という時間がなくなる」と言われています。

   日本の老後は、主に定年退職後を意味していますが、この定年がなくなる時代がやってくるということですね。

   昭和の時代の「老後の楽しみ」というキーワード検索では、「余暇」「海外旅行」「孫との時間」など、ゆっくりとした贅沢な時間を過ごすというようなイメージが強かったと思います。

   令和の時代の老後の過ごし方には「仕事」が含まれていて、贅沢というイメージは消えているのではないでしょうか。むしろ、年金受給が後ろ倒しになっていくため、「生活のために働かないといけない」。そんな人も増えているので、昭和と令和の老後はまったくイメージが変わってきましたね。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中