2021年 11月 28日 (日)

ビール業界「ビア樽」「機能性」で盛り上がり 家飲み需要に活路を見いだせるか!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   コロナ禍は2年目に入り、「ニューノーマル」といわれる、それまでとは一変した生活が日常として定着しつつある。どんな生活であっても、そこには日々の営みがあり、新しい生活スタイルに合わせた新商品が次々登場している。

   特に盛り上がりを見せているのが、この1年で取り巻く環境が大きく変わったビールだ。

  • 家飲み需要を取り込めるか!?
    家飲み需要を取り込めるか!?
  • 家飲み需要を取り込めるか!?

キリンVSアサヒ 「ビア樽」サービスで火バナ

   ビールは外出自粛に加え、飲食店の休業や時短営業によって「仕事帰りに居酒屋で一杯」の機会はめっきり減り、アルコール飲料の中でも特に業務用の比率が高いビールは影響を大きく受けた。

   人口減などで国内ビール市場は頭打ちにあるが、2019年までは前年比で1~2%程度の減少にとどまっていた。これが2020年は9%程度と大きく落ち込み、なかでも業務用に強いアサヒビールの売上金額は15%を超える減少だったという。

   ビール業界では2020年10月の酒税法改正でビールが減税となったことに期待が高かったものの、コロナ禍の落ち込みはとても補えなかった。

   一方、コロナ禍では「オンライン飲み会」といった新たな飲酒スタイルが登場した。在宅時間が長くなったことで、家飲み需要が拡大して、低価格の「第3のビール」を中心に缶商品の好調ぶりが目立った。

   そこで2021年春にキリンビールとアサヒビールが、それぞれ本格的に始めるのが、工場から家庭に新鮮な生ビールを直送して、専用サーバーで楽しんでもらう会員制のサービスだ。

   キリンは2017年から、このサービスを限定的に提供していたが、全国(沖縄県と一部離島を除く)に拡大する。月2回直送され、看板商品の「一番絞りプレミアム」のほか、数種類のクラフトビールからも選べる。1か月当たり4リットルと8リットルから選択でき、4リットルなら月額8250円から。2021年内に数十万人の会員獲得を目指しているという。

   一方のアサヒは、こちらも看板商品の「スーパードライ」の2リットル樽を月2回、工場から直送する。月額料金は7980円で、3万人の会員を目標としている。

   両社はビール類のトップシェアを長く争っており、2020年はキリンがアサヒを上回った模様だ。「ビール離れ」が指摘されるなか、上位2社が同様のサービスに乗り出すことで、再びビールへの関心が高まりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中