2021年 8月 6日 (金)

「歳を重ねるごとに『なんとなく』を捨てていく」 そんなおじさんになりたい【ひろ子ママの教訓 その51】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   きょうは50代のTさんです。

「いわゆる大企業に入って30代で家を買って、そこそこのクルマに乗って、今は子供たちも手を離れていきました。一般的に幸せな家庭だと思いますし、そんなに不安があるわけでもありません。
でも、何かやり残した感をこのところ感じるんですよね。何か不安が襲ってくるとか、焦りがあるとか。そんな感情でもなく、なんというのかな、物足りなさというか......。言葉で表しにくいのですが」
  • 「なんとなく」で過ごしていると「がっくり」するかも?
    「なんとなく」で過ごしていると「がっくり」するかも?
  • 「なんとなく」で過ごしていると「がっくり」するかも?

「なんとなく」では10年後「がっくり」しているかも

   お話を聞いていると、Tさんは30代、40代とこれまでのロールモデルに近い過ごし方をされていたようです。このまま定年まで会社で過ごしたとしても、ある程度の蓄えも退職金もあるので、いきなり生活が路頭に迷うってことはないと思いますし、Tさんのような方は世の中にたくさんいらっしゃると思います。

「人生100年時代」といわれる今、定年後以降のロールモデルは現状ではありません。でも、Tさんが今のまま定年を迎え、「なんとなく」過ごしてしまったとしたら、定年後の10年~20年、お金はあったとしても気力がなくなり「がっくり」している可能性が大です。

   これまでTさんが何かを選んだ時「みんなそうだから」「まわりもそうだから」と選択してきたことがあったのではないでしょうか。これまではロールモデルがあったので、それでも問題がなかったのですが、こらからはそうはいきません。そこで日常の「なんとなく」を捨ててみてはどうでしょう。

   たとえば日用品の洗剤を、「まわりの評判がいいから○○を使っている」「これまでずっと使っているから、なんとなく今も使っている」といったことで選んではいませんか。

   もちろん、その中には実際にいい商品もあると思いますが、「まわりもそうだから」という理由で「なんとなく、こだわっていたこと」はありませんか。

   まずは自分が「好き」と思う「お気に入り」を探してみましょう。いろいろ試してみて、今使っているものがいいなと思ったら、それはTさんにとっての「お気に入り」です。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中