2021年 6月 17日 (木)

暴走するバッハ会長よ、五輪選手の心の叫びを聞け! 錦織圭、大坂なおみ、セリーナ、モーガン...(2)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」(徳川家康)

   とばかりに、誰が「東京五輪中止」を言い出すかを待つチキンレースになってきたが、IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は、依然として崖っぷちギリギリまで突っ走る考えのようだ。

   しかし、その足元で五輪選手たちがついに声を上げ始めた。

  • 東京五輪のシンボル
    東京五輪のシンボル
  • 東京五輪のシンボル

子供のいるママさん選手が続々と出場辞退に

   東京五輪中止を求める国民の怒りが広がっている。元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏が2021年5月5日正午から呼びかけたオンラインの「五輪中止署名」は、11日16時現在、32万6000筆を超えた。

   5月9日には、東京五輪の陸上競技のテストイベントが行われた新国立競技場周辺で「五輪中止」を求めるデモが行われた。スポーツニッポン(5月10日付)によると、約100人が参加。「コロナ五輪」「殺人五輪」の言葉が並んだプラカードも掲げられ、参加者の3倍ほどの警察官が誘導する物々しい雰囲気になった。

   聖火リレーも各地で中止に追い込まれている。時事通信(5月10日付)によると、新型コロナ感染拡大を受け、7日に全面中止を発表した福岡県に続き、兵庫、岡山、広島各県が10日、公道での実施の全面中止を表明した。安倍晋三前首相のお膝元である山口県でも、2日間のうち1日目のリレーを中止する。実施予定地域でクラスター発生が相次いでいるからだ。

   海外の著名選手たちからも、東京五輪の参加拒否を表明する動きが出始めている。日刊スポーツ(5月10日付)「サッカー女子米代表モーガン、1歳娘の東京同行不可に抗議 母として心境告白」などによると、新型コロナ感染防止対策の「海外観客受け入れ拒否」のため子供を連れていけなくなったママさん選手の不参加表明が相次いでいる。

   サッカー女子米国代表のアレックス・モーガン選手(31)が、1歳になる娘のチャーリーちゃんを東京五輪に連れて行けないことに抗議。特例が認められない場合は出場を辞退するとしている。モーガン選手は、

「この1年間、国内外問わず遠征先には必ず娘を連れて行った。母親として、常に支えられている。東京でもその気持ちを持ち続けたい」

   と母親としての心境を告白した。

   2歳の娘がいる米国の陸上女子短距離代表のアリソン・フェリックス選手(35)も、

「私は母乳で育てているので特にこの問題には敏感。娘がまだ1歳になる前に大会に出た時は、子供の近くにいる必要があることを実感した。東京大会でもそういう母親について考慮する必要がある」

   と訴えている。

   女子テニスで、4大大会23度の優勝を誇るセリーナ・ウィリアムズ選手(米国、39)も、2017年に誕生した長女オリンピアと「24時間以上、離れたことはない」と言い、「もし、オリンピアを東京に連れて行けないならそれ(不参加)が答え」と参加拒否を明言した。

   日刊スポーツによると、世界各国の女子選手から幼い子供が入国できるかという問い合わせが五輪組織委に来ているが、返答はなく、IOCも入国制限下での子供の入国が可能かどうかについては明言していない。

   日刊スポーツは、こう結んでいる。

「丸川珠代五輪大臣は3月に『(東京五輪の)女性の積極的な参加は、豊かで活気に満ちた持続可能な社会の創造と、誰もが快適に暮らせる社会の実現につながる』と語った。女子選手に幼い子供を自国に残すよう求めることは、女性尊重を主張するIOCと主催者にとってどれほど空虚であるかを示している」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中