2021年 6月 17日 (木)

荷物置きとイスが合体!「バッグインチェア」がSNSで話題 使い心地はどう?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   飲食店に行った時、荷物の置き場に困ったことはないだろうか。床に置くのもイヤだし、膝の上に置いておくのも邪魔になる――。

   ツイッターでは、そんな悩みを解決してくれる椅子が話題になっている。その名も「BAG-IN CHAIR(バッグインチェア)」だ。

  • 「BAG-IN CHAIR(バッグインチェア)」Cafeタイプ
    「BAG-IN CHAIR(バッグインチェア)」Cafeタイプ
  • 「BAG-IN CHAIR(バッグインチェア)」Cafeタイプ

シーンに合わせた7タイプを展開

種類によっては傘をかけるフックも付いている
種類によっては傘をかけるフックも付いている

   バッグインチェアは、什器の製作・販売を手掛けるLABOT(東京都渋谷区)が開発した。ツイッターで注目を集めたCafeタイプは、背もたれと座面の間に「くぼみ」があり、そこに荷物を置くことができる。

   さらに後脚の上部にはフックが付いており、傘をひっかけれるようになっている。すべて椅子ひとつで「収納」できる優れモノだ。

   ツイッターでは、このバッグインチェアに、

「あーーー。これいい!!!!これ!!いい!!! 足元のバッグ入れとか、意外と邪魔なんだよね」
「なにこれすごい!! 床に荷物置くのが絶対嫌なので普及してほしいなあ!」
「すごいな、この小さなデザインが大きな差だわ。素晴らしいアイデア」

といった声が寄せられている。

バッグインチェアのLightタイプ(写真左)、Salonタイプ(写真右)
バッグインチェアのLightタイプ(写真左)、Salonタイプ(写真右)

   会社ウォッチ編集部が2021年5月7日に取材したLABOTの営業担当者によれば、バッグインチェアシリーズが誕生したのは2016年3月。

   開発に至った経緯について、

「お客様(飲食店など)から、荷物の置き場に困るという声がありました。利用客が荷物を床や隣の席に置くことで、店の回転効率が悪くなるのを解消したいということでした」

と説明している。

   シリーズ7タイプのうち、最初に販売されたのはCafeタイプ。その後、より幅広いシーンに合わせた、Basic、Light、Smart、Salon、Tall、Stoolの6タイプを販売した。

   たとえば、シンプルな造りのLightはフードコートや社員食堂などの大衆向け。Smartは軽量でスタッキングが可能、かつ比較的安価なためシリーズで一番売れている。手すり付きのSalonはゆったり腰掛けることができるため、病院でも導入されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中