2021年 6月 17日 (木)

いすゞ株が26%高の急上昇 「ポジティブ・サプライズの多い決算」の中身

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   いすゞ自動車の株価が、2021年5月14日の東京株式市場で前日の終値から279円(26.1%)高の1349円に急伸し、約1年5か月ぶりの高値となった。

   前日の取引終了後に発表した22年3月期連結決算の業績予想で、会計基準変更のため単純比較はできないが、最終利益を前期比2.6倍の1100億円と見込んだことが好感された。同時に株主還元策の強化を打ち出したことも歓迎された。

  • いすゞのトラック「ELF」(いすゞ自動車のホームページより)
    いすゞのトラック「ELF」(いすゞ自動車のホームページより)
  • いすゞのトラック「ELF」(いすゞ自動車のホームページより)

タイで人気の「乗用車」 ピックアップトラックが快走

   2021年3月期連結決算と同時に発表した22年3月期の業績予想は、売上高が前期比31.0%増と過去最高の2兆5000億円、営業利益が77.6%増の1700億円になった。

   いすゞは20年12月にスウェーデンのボルボ傘下のUDトラックス(旧日産ディーゼル工業)を買収すると発表しており、この買収によって、22年3月期の売上高で2200億円、営業利益で40億円、それぞれ増える効果があるとしている。

   それに加えて、国内・海外ともに前期に落ち込んだ需要が回復に転じ、車両や産業用エンジンの販売量が増えると見込んでいる。

   いすゞは国内では現在、商用トラックのメーカーだが、海外ではたとえば、タイで自家用乗用車として人気のピックアップトラックを供給しており、それら全体の販売増を予想している。

   さらに投資家心理を明るくさせたのは、配当予想だ。年間配当を過去最高の58円(前期は30円)と2倍近くに引き上げる。

   いすゞは同時に中期経営計画も発表しており、その中でも株主還元策を大幅に改善した。従来は「総還元性向は平均30%」としていたが、「配当性向平均は40%かつ投資・資金状況を踏まえ自社株買い」と踏み込んだ。

   SMBC日興証券は5月13日付のリポートで「ガイダンス(業績予想)、中期経営計画とも意欲的でポジティブ・サプライズの多い決算」と評価した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中