2021年 6月 14日 (月)

苦戦する就活生 リーマンショック時は8年... コロナ後もすぐには回復しない就職率(鷲尾香一)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染拡大は、企業の新卒採用にも大きな影響が出ている。

   2021年5月18日に厚生労働省と文部科学省が発表した、この3月に卒業を迎えた大学、短期大学、高等専門学校、専修学校の就職率は、軒並み前年を下回った。

  • コロナ禍で就職活動は「氷河期」に突入する?
    コロナ禍で就職活動は「氷河期」に突入する?
  • コロナ禍で就職活動は「氷河期」に突入する?

就職率の悪化は男子学生に色濃く出る

   厚生労働省と文部科学省は大学、短期大学、高等専門学校、専修学校の計112校、6250人の4月1日時点の就職状況を調査した。それによると、大学生の就職率は96.0%で、前年の98.0%を2ポイント悪化した。

   男子大学生は95.0%と前年の97.5%から2.5ポイントの悪化。女子大学生は97.2%と前年の98.5%から1.3ポイント悪化した。就職率の悪化は、女子大学生に比べ、男子大学生に色濃く出ている=表1参照

【表1】大学生の就職率の推移(%)
【表1】大学生の就職率の推移(%)

   しかし、より大きな影響を受けたのは、専修学校生で91.2%と前年の96.8%から5.6ポイントも悪化した。また、短大女子は96.3%と前年の97.0%から0.7ポイントの悪化となった=表2参照

【表2】短大女子と専修学校の就職率(%)
【表2】短大女子と専修学校の就職率(%)

   2008年に発生したリーマンショック後も就職率は大きく悪化。大学生全体の就職率は09年3月卒95.7%、10年3月卒91.8%と推移し、11年3月卒の91.0%で底打ちした。また、男子大学生は11年3月卒の91.1%、女子大学生も11年3月卒の90.9%で底打ちした。

   就職率がリーマンショック前の2008年3月卒の大学生全体96.9%、男子大学生96.9%、女子大学生97.3%の水準に回復するまでには、大学生全体で8年、男子大学生で9年、女子大学生で8年かかっている。

   同様に短大女子の場合には、09年3月卒94.5%、10年3月卒88.4%と推移し、11年3月卒の84.1%まで悪化。専修学校も09年3月卒91.8%、10年3月卒87.4%と推移し、11年3月卒の86.2%と大幅に悪化して底打ちした。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中