2021年 6月 17日 (木)

職場のジェンダーギャップ、女性の半数超が「ある」「不利」...... でも転職は考えたことない

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   職場でジェンダーギャップ(男女格差)を感じている女性は約半数――。

   人材関連事業のキャリアデザインセンターが運営する転職サイト「女の転職type」がシリーズで行っている働く女性を対象にした最新調査で、こんな結果がわかった。

  • 女性の半数は職場で男女格差を実感…
    女性の半数は職場で男女格差を実感…
  • 女性の半数は職場で男女格差を実感…

年代が上がるほど格差強く実感

   調査で、「今の職場にジェンダーギャップがあるか」と聞いたところ、18.8%が「非常にあると思う」と回答。「ややあると思う」(33.6%)と合わせ、ジェンダーギャップが「ある」と答えた女性は52.4%と5割を超えた。

   「ない」派は、「あまりないと思う」(30.1%)、「ほぼないと思う」(17.5%)を合わせて47.6%だった。

   職場ジェンダーギャップについての「ある」派と「ない」派の別を年代別にみると、年代が上がると「ある」派の割合が高まる傾向。20代では36.5%(「非常にあると思う」11.0%と「ややあると思う」35.5%の合計)、30代では53.3%(前者20.1%、後者33.2%の合計)、40代は56.9%(前者25.2%と後者31.7%の合計)だった。とくに40代は、4人に1人が「非常にある」と感じており、格差を強く感じていることがわかった=グラフ参照

   「ジェンダーギャップが理由で転職を考えたことがあるか」を聞いたところ、「ない」が73.5%と大多数。「ある」は26.5%で、そのことを理由に転職まで考える人は4人に1人にとどまった。

   「『女性であること』が理由で、職場で経験したこと(感じたこと)」についての問いで、最も多かった回答は「お茶出し、掃除などを任される」で38.2%。次いで「給料が低い」の36.5%、「給料が上がりにくい」35.9%、「昇進スピードが遅い」32.7%、「管理職になりにくい」29.4%、「セクハラを受ける」24.8%と続いた。「とくにない」との答えも24.0%あった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中