2021年 6月 23日 (水)

緊急事態宣言延長の陰にインド型変異株あり! 尾身茂会長「東京五輪をやめないともう防げない」(1)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年5月28日、政府は9都道県に出されていた緊急事態宣言の期限を6月20日まで延長することを決めた。

   新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、地方にまで広がっているためだ。なかでも心配されるのがインド型変異株だ。感染力が極めて強く、従来株や英国型変異株にどんどん置き換わっていると専門家は心配する。

  • インド型変異ウイルスは感染力が強い(国立感染症研究所提供)
    インド型変異ウイルスは感染力が強い(国立感染症研究所提供)
  • インド型変異ウイルスは感染力が強い(国立感染症研究所提供)

インド型に陥落した欧州の優等生・英国

   インド型変異株がいかに恐ろしいか。中国当局の対応をみるとよくわかる。テレビ朝日(5月27日付)「中国でもインド変異株の市中感染 120万人一斉検査」が、天が降ってきたような大騒ぎを、こう伝える。

「中国で初めてインド型変異株の市中感染です。広東省広州市では5月21日以降、インド型変異株を含む新型コロナの感染者が新たに7人確認されました。中国でインド型変異株の市中感染が確認されたのは、これが初めてです。地元当局は5月26日夜から住民ら120万人のPCR検査を始めていて、48時間以内に検体の採取を完了する計画です。市内では夜通しで検査が行われ、会場周辺には長蛇の列ができています」

   中国広州市の人口は約1500万人だ。その成人人口の1割近くをわずか2日間で検査するという。中国ならではの徹底した人海戦術で、一気にインド型変異株を封じ込めようというわけだ。

   一方、英国はインド型変異株のまん延を許してしまい、大ピンチに襲われている。英国といえば、全成人の43%が2回目のワクチン接種を完了(5月23日現在)、ヨーロッパで最も感染状況が改善されているとされる国だ。

   先日、米国務省が日本を感染状況が危険な「レベル4」にアップして「渡航禁止」を勧告する対象にした際も、英国だけは「レベル3」で、他の欧州諸国はすべてレベル4だったほどだ。その「優等生」の英国がインド型変異株の猛威に見舞われ、悲惨な状況に陥っている。CNNニュース(5月28日付)「英国のコロナ新規感染者、最大75%がインド型変異株に」がこう伝える。

「ハンコック保健相は急増している新型コロナウイルスの新規感染者のうち、最大75%がインド型変異株によるものだと発表した。ハンコック氏は『(ロックダウン解除への)ロードマップを敷いたときから感染数の上昇は常に予測してきた。インド型変異株による感染の急増は一部の〈ホットスポット〉に集中している。急拡大している場所はどこでも全力で対応する』と述べ、そうした地域で検査数やワクチン接種を増やしていると説明した。(特に集中している)イングランド北部のボルトンでは過去1週間で1万7147回のワクチン接種を実施した」

   ジョンソン英首相はイングランドのロックダウン(都市封鎖)措置を6月21日に完全に解除すると発表していた。だが、この感染急拡大で延期せざるをえなくなった。それどころか、他の欧州諸国から「渡航制限」まで言い渡されるありさまになった。BBCニュース(5月27日付)「フランス政府、イギリスからの渡航者を隔離対象に インド型変異株懸念」が、こう伝える。

「フランス政府は5月26日、英国からの渡航者に7日間の隔離を義務付けると発表した。インド型変異株が英国で流行していることを受けた措置。英国では先週、インド型変異株の新規感染が3424件報告され、前の週から2111件増えた。これを受けて、欧州では英国らの渡航制限が相次いでいる。ドイツは先週、英国からの渡航者を2週間隔離すると発表。オーストリアは6月1日から、英国からの直接渡航を禁止する」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中