2021年 6月 23日 (水)

上昇必至? 洋上風力の「レノバ」株 ここはじっくり「買いは遅かれ」で行く!【格言で買う! 株式投資】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「売りは早かれ、買いは遅かれ」という相場格言がある。

   日本証券業協会の相場格言集によると、

   「買い場は随所にあるが、売り場は短い。それだけに買いはじっくり構えたほうがかえって安く買えることもあるが、売りのほうは一瞬のチャンスをつかむがごとく迅速に行動すべし」と説明している。

   そういえば、お目当ての銘柄を買いそびれても、「またチャンスはあるだろう」と思えるのに、売りそびれると心穏やかではない。かなりショックだ。確かに、「売りは早かれ」である。

  • 洋上風力発電に注目!(写真は、デンマーク)
    洋上風力発電に注目!(写真は、デンマーク)
  • 洋上風力発電に注目!(写真は、デンマーク)

値下がり時の好決算企業を狙おうか......

   日経平均株価は2021年2月16日に年初来高値を付けて以降、じわじわと値下がり。3か月経っても2万8000円~2万9000円あたりをうろうろしている。コロナ禍で景気の先行きが怪しいことや、頼みのワクチン接種がなかなか進まないことなどの原因はあるが、発表が終わった3月期決算の上場企業をみると、中には好調な業績を収めている企業もある。 株価の下落で、銘柄によっては「買い」を入れてもよさそうな銘柄がありそうだ。

   そんなことで、買える銘柄を物色。注目したテーマは「再生可能エネルギー」だ。その中から、「レノバ」を調べてみた。

   「レノバ」について、会社四季報(2021年2集春号)は「太陽光、バイオマス発電など再生可能エネルギーの発電事業と開発・運営事業が二本柱で、2020年にはバイオマス発電が稼働しはじめたという。

   固定価格買取制度の追い風に乗り急成長した企業で、「洋上風力では秋田で総事業費4000億円規模の巨大プロジェクトに中心的に関与しており、東北電力などもこのプロジェクトに出資している」と書かれていた。

   レノバの株価は、今年1月13日に上場来高値の4835円(2018年4月株式分割後、1株を2株に、100株を200株に分割。これまでの半額で買えるようになった)をつけたあと、3000円~3500円で調整中と見ている。

   レノバ株の5月26日の終値は3485円。高値の半値にあたる2417円を基準に上下100円の幅(2317円~2517円近辺)を、買いのスタートにしたいと考えて、もう少し様子を見ることにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中