2021年 6月 19日 (土)

路上で声をかければヤクルトが買えると話題 そもそも「ヤクルトレディ」とは何者だ!?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   オフィス街などで時折見かける、ヤクルトの入ったカートを押して歩く「ヤクルトレディ」。1963年に誕生し、58年にわたって個人宅やオフィスへの宅配業務を続けている。

   ツイッターでは、このヤクルトレディたちから「直接ヤクルトを購入できる」ことが話題になっている。じつは気軽に声をかければ、誰にでも売ってくれるのだ。

   J-CAST会社ウォッチ編集部は2021年5月18日、ヤクルト広報室を取材した。

  • ヤクルトレディの実態とは?(画像はヤクルト提供)
    ヤクルトレディの実態とは?(画像はヤクルト提供)
  • ヤクルトレディの実態とは?(画像はヤクルト提供)

「ヤクルトレディ」からしか買えない商品もある

   ヤクルトの広報担当者によれば、ヤクルトレディからヤクルトを直接購入できることは事実。「Yakult(ヤクルト)1000」など、ヤクルトレディでしか取り扱いのない商品もあるという。

   ツイッターでは、この情報に、「知らなかった」との声が相次いでいる。その一方で、現役のヤクルトレディと思われるツイートには、

「配達分とは別に多めに持ってる人多いから声かけて頂いても買えます」
「気になる商品とか効能とか聞いてみてください 時々自分たちを実験台にしつつ勉強もしてるので!w」

といったリプライ(返信)が見られる。

   そもそもヤクルトレディは、どのような仕事なのか。広報担当者にヤクルトレディ誕生の経緯を聞いた。

「ヤクルトの企業理念は、『私たちは、生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。』です。そこから、『家庭の健康を守るのは主婦であり、主婦同士の方が話しやすいだろう』という考え方のもと、1963年に『婦人販売店システム』を全国に導入しました」

   当初は「ヤクルトおばさん」の呼称で親しまれてきたが、1983年頃からは「ヤクルトレディ」と呼ばれるようになった。

   その数はピーク時で約6万5000人(73年、国内の人数)にのぼったが、現在は約半数にまで減少。2021年3月末時点で、3万2847人となっている。広報担当者によれば、労働環境の変化により女性の働き口が多様化したのが要因の一つだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中